スポンサードリンク

秋の食中毒にご用心!


ようやく暑さもピークを過ぎた感がありますが、この時期に気をつけなければならないのが食中毒です。食中毒は夏に流行るイメージがある病気ですが、実際に食中毒が最も多くなるのは10月、つまりこれからの季節なんです。自分の身を守れるのは自分だけ、しっかりと防衛していきましょう。

スポンサードリンク

なぜ秋は食中毒が多いのか?

秋は夏バテが最も顕著に出る季節で、体力が落ちています。そこに大きな気温の変化という外的影響が加わるため、抵抗力は普段と比べても低くなりがちです。加えて秋は行楽シーズンでもあるため、バーベキューや運動会など、野外で食事をする機会も増えます。このような要因があるため、秋は特に食中毒に気をつける必要があります。

 

食中毒の原因として最も多いのは細菌やウイルスによる感染性のものですが、秋の場合はそれに加えてキノコやふぐなどの自然毒による食中毒にも注意が必要です。食用のものと判断できないキノコは絶対に口にせず、人にあげるのももちろん避けましょう。万が一キノコを食べて体調が悪くなった場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。

 

加熱調理しても黄色ブドウ球菌の毒素は残る

食中毒は加熱調理すれば防ぐことができるというイメージが強いですが、黄色ブドウ球菌の場合はそうとも限りません。黄色ブドウ球菌は食品についていることもありますが、人の鼻腔に存在していることもあります。花粉症の人は特にその割合が高くなります。

 

黄色ブドウ球菌は加熱すれば死滅しますが、その毒素は加熱しても残るという特徴があるため、ただ熱を加えただけではいけません。感染すると吐き気、嘔吐、下痢などの症状が現れます。加熱処理でも毒素を取り除くことはできないため、食品の再加熱利用はしてはいけません。

 

洗浄で食中毒を防ぐ

手には様々な雑菌が付着していますので、調理や食事の前にはきちんと洗うようにしましょう。また、調理したまな板なども綺麗に洗浄しましょう。余った生肉は菌がつかないように他の食品とわけて、密封容器に入れるか、もしくはラップで包んで冷蔵庫で保管しましょう。

 

食品は低温で保存し、加熱して細菌やウイルスを倒す

食品の多くは高温多湿な環境で繁殖が活発になり、逆に気温が10度以上だと増殖のペースが鈍ります。そして、マイナス15度を下回ると増殖はほぼ停止します。食品は必ず低温で保存しましょう。

 

また、ほとんどの細菌やウイルスは加熱処理で死滅させられます。肉料理は特に中心までしっかりと火を通しましょう。中心部を75度で1分間加熱すればほぼ万全です。


スポンサードリンク
2016年9月6日 コメントは受け付けていません。 秋の病気