スポンサードリンク

若年性・老人性白内障とはどんな症状か。日帰り手術費用と保険と入院時間


白内障は目のレンズである水晶体が白く濁り、物が見えにくくなる病気です。
白内障には老人性白内障若年性白内障などがあります。

スポンサードリンク

老人性白内障はすべての白内障の中で最もメジャーなものです。
早い人では40歳から現れ、60代以上では白内障のほとんどが老人性白内障になります。

 

 

目の水晶体にはたんぱく分子がありますが、それが紫外線を受けることによって水溶性を失い、水晶体が濁り、物が見えずらくなります。

 

 

若年性白内障は最近話題になっている、若い人の白内障です。
通常、白内障といえば上記の老人性白内障を指すものでした。
老人性白内障は40代以上の中高年が鳴るものであり、
20代、30代の若い人とは無縁なものだといわれていましたが、
最近の研究では30代や20代はもちろん、10代でも発症することがわかっています。

 

 

老人性白内障は水晶体がその周辺部から徐々に濁り、
少しずつ視覚に障害が現れるのに対して、若年性白内障では一気に障害が現れます。

 

 

原因は目のけが、目の手術、栄養失調などです。
また、遺伝、放射線や赤外線の増加、抗精神剤などの副作用で白内障が現れることもあります。

 

 

その他、生活習慣の乱れも白内障の原因となります。
緑黄色野菜には白内障を防ぐルテインという物質が含まれていますが、
野菜不足によりルテインが不足すると白内障の症状が出ることがあります。

 

 

また、運動不足や喫煙、過労などの悪習慣もルテインの吸収を妨げます。

 

 

治療についてですが、軽度の場合は水晶体の濁りの進みを遅くする点眼薬などを使います。
点眼薬は結膜の充血などの副作用も合いますので、医師と相談したうえで点眼する必要があります。

 

 

病気が進行している場合には手術を行います。
近年は手術の技術も進歩しており、前よりもはるかに安全に手術を行えるようになりました。

 

 

基本的には数日程度の入院が必要ですが、
体の状態が健康で、かつ軽度の場合には日帰りでの手術も可能です。

 

 

手術には保険が効きます。両目手術の実費負担は1割負担の場合約4万円弱、
3割負担の場合は11万円程度です。
場合によっては高額療養費の還付があります。

 

 

手術の内容は、小さな穴をあけて
超音波で水晶体の中身を吸いだし、
その後人口の水晶体を挿入すという方法が一般的です。
これを水晶体乳化吸引術といいます。
手術そのものの時間は10分~20分程度です。

 

 

病気が進行している場合は、水晶体を丸ごと摘出し、
人工水晶体を眼球壁に縫い付けます。

 

 

手術は比較的安全ですが、目が充血したり、涙が出ることがあります。
また、手術成功から数か月後に、視界が濁ったりまぶしさを感じたりするようになります。

 

 

この場合は病院でレーザー光線治療を受け、濁った水晶体を切断すれば元に戻ります。
簡単な手術なので、面倒くさがらずに必ず手術を受けるようにしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す