スポンサードリンク

色覚異常でなれない職業はなにか。カラーテストを受けてみよう


人間の網膜の奥には錐体細胞と呼ばれる明るいところで色を感じ取る細胞と、
杆体細胞と呼ばれる明暗を感じ取る細胞があります。

 

 

ここに異常があると、色の判別がつかない、もしくはつきにくくなります。これが色覚異常です。

スポンサードリンク

色には明るさを示す明度、色味を表す色相、色の純度を示す彩度の三つの物差しがあります。
色覚異常の患者はこのうち、色相と純度を正確にとらえることが出来なくなります。

 

 

症状
色盲、色弱は現在、色の区別のつきにくさの程度によって異常三色型色覚、二色型色覚、一色型色覚の3種類に分類されています。

 

 

異常三色型色覚の場合は、光の三原色である赤、青、緑すべてを感じることはできますが、その色の見え方が通常とは異なります。

 

 

二色型色覚の場合は三色のうち一色の区別がほとんどつきません。

 

 

一色型色覚の場合は色に対する判別が全くつかず、
世の中すべてのものが灰色に見えます。

 

 

原因
色覚異常には先天性のものと後天性のものがあります。
先天的な色覚異常は男性の約5%、女性の約0.2%に発症します。
日本の場合は約300万人が患者ということになり、決して珍しいものではありません。

 

 

後天性の原因としては網膜剥離、緑内障、大脳や視神経の病気などが挙げられます。

 

 

検査
色覚異常者は特に軽症である場合、検査を行う時まで自分が色覚異常であると気が付きにくいものです。

 

 

現在、色覚異常の検査でよく使われているのが石原式色覚異常検査です。
これは陸軍軍医の石原忍医師が考え出した簡便な色覚異常検査方法で、
ある表を、被験者の視線に対して垂直に、75cmほどの距離に示して、
そこに書いてある数字を読み取らせるというものです。

 

 

リンク先に検査の一例がありますので、気になる方は試してみましょう。

 

 

また、カラーテストのアプリもリリースされています。

 

 

治療
現在、色弱や色盲を根本的に治療する方法はありません。
また、近眼や乱視と違って、メガネなどの矯正器具も存在しません。

 

 

ただし、正常な見え方にはならないものの、色の判別を補助してくれるめがねは作られています。

 

 

色覚異常と職業
色覚異常者は一部の職業に就くことが禁じられています。
たとえば、航空管制官採用試験では、色覚に異常のある者は不合格となります。

 

 

また、自衛隊の場合も航空機パイロット、整備士、潜水艦乗組員などに対しては厳しい制限が課されます。これらは色覚異常が原因で職務を遂行できなくなることを防ぐための措置です。

 

 

一方、以前は実施されていた警察官の採用試験の際の色覚検査は、現在すべての都道府県で廃止されるなどしており、以前と比べると就けない職業の数は減ってきています。

 

 

また、勘違いされがちですが、運転免許については赤青緑のプラスチックが見分けられれば、色覚異常でも取得することが出来ます

 

 

支援
色覚異常者でも見やすいウェブサイト作りに関するガイドラインが作成されています。

 

 

色覚異常の現況
現在、日本の色覚異常の約半分は自分が色覚異常者であると気が付いていないそうです。
それはつまり多くの色覚異常者が自分の見え方に不便や異常を感じていない、ということでもあります。

 

 

それが良いことなのか悪いことなのかはわかりませんが、
多くの色覚異常者が平穏無事に暮らせているということは心強い事実です。


スポンサードリンク

コメントを残す