スポンサードリンク

老眼は老眼鏡か治療で矯正しよう


歳を重ねるに連れて主に近くのものが見えづらくなる「老眼」。残念ながら老眼そのものを予防することは出来ませんが、様々な方法で老眼を緩和することは可能です。

スポンサードリンク

老眼が始まる年齢

老眼が始まる年齢には個人差が有りますが、早い人は30歳後半から、遅い人でも50代前半には始まるものと思っておくといいでしょう。60歳になって老眼が全く始まらないというのはまず考えられません。そこまで生きる気があるのならば、老眼対策はしっかりと考えておいたほうがいいでしょう。

老眼強制の基本は老眼鏡

老眼の症状がで始めた場合、基本的には老眼鏡で矯正します。老眼鏡に対する心理的な抵抗はわからないでもありませんが、無理して老眼鏡を避け続けると目に過剰な負担がかかり、かえって老眼の進展速度を早めます。見えづらくなってきたら、無理せず老眼鏡を掛けましょう。

老眼鏡の度数の見方は?

老眼鏡のレンズには「+1.00」「+3.50」などの度数があります。度数は屈折率とも呼ばれ、数値が高いほどいわゆる「度が強い」ものとなります。年齢を重ねるに連れて、度を強くすると見えやすくなります。既成の老眼鏡は左右が同じ度数になっていますが、人によっては左右で老眼の進行具合が違うこともあるため、なるべく眼科に行って検査を受け、適切な老眼鏡を作ってもらうようにしましょう。

遠近両用メガネって何?

遠近両用メガネとは、眼鏡のレンズの上の部分が遠くを見るのに適したものに、下の部分には近くを見るのに適した物になっているレンズです。遠近両用メガネを使えば、眼鏡のつけかえ無しで近くも遠くも快適に見えます。

老眼治療の種類と注意点

老眼は治療することも可能です。治療法にはレーシック、アキュフォーカス、電動式角膜形成手術(CK)などがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、一番安全性が高いのはCKです。角膜を削るわけではないため合併症発生率が低いです。手術時間は3分ほどで、点眼麻酔もあるので痛みも殆どありません。

日本では2004年に認可された手術であり、治療を受けてから20年後、30年後のサンプルが存在しないのはデメリットですが、現状、レーシックのほど大きなトラブルは起きていません。手術後1週間程度はドライアイや痛み、異物感が残ることもありますが、徐々に消えていきます。

ただし、効果が一生続くわけではありません。再手術は可能ですが、治療費用は15万円~30万円と高く受けられる病院も少ないので、気軽に受けられるものでもありません。手術の前にその辺りをしっかりと把握しておきましょう。


スポンサードリンク
2017年11月4日 コメントは受け付けていません。 目の病気