スポンサードリンク

最新のレーシック技術は老眼に対応する?仕組みと適応外の場合の処置


強度の近視をレーザー治療で矯正するレーシック手術
その効果の高さから多くの芸能人が受けている一方で、
手術失敗による後遺症に悩まされている人も少なくありません。

 

 

レーシック治療に当たってはリスクとリターンを十分に理解し、
成功率が100%ではないということを覚悟したうえで手術に臨む必要があります。

スポンサードリンク

レーシックの手術の内容
レーシック手術ではまず目の角膜を切開し、そこにフラップと呼ばれる蓋をします。
その蓋をめくってレーザーを当てることにより屈折率を元に戻し、
視力を矯正する手術のことです。

 

 

レーシックの適用範囲は?
レーシックは禁止を治療するものというイメージが強いですが、
実際は遠視や乱視も矯正することが出来ます。

 

 

ただし、現在の技術では老眼を治療することはできません。
レーシックは角膜の屈折率を変更させる手術なので、
角膜屈折率の異常ではなく水晶体の機能低下が原因で起こる老眼は直せないのです。

 

 

しかし、最近では老眼を矯正させる老眼治療CKなどの新しい手術も生まれてきています。
いずれは国民のだれもが視力に困らない時代が来るのかもしれませんね。

 

 

レーシックの安全性?
レーシック手術では90%以上の人が手術後視力が1.0まで回復するといわれています。
逆にいえば、10%弱の人は手術を受けても十分な回復が見られないわけです。

 

 

回復が見られないだけならばまだいいのですが、時には合併症や後遺症が出ることもあります。

 

 

後遺症の中でも特によく見られるのがグレア現象です。
グレア現象は夜中に光がまぶしく感じる現象のことです。
近年は術後グレア現象を起こさないために、事前に適応検査を行うのが一般的です。

 

 

また、術後数カ月から1年くらいの間、ドライアイが出ることもあります。
子の症状は時間が経つにつれて警戒していくことが一般的ですが、
その回復度合いには個人差があります。
目に関する病気一覧
オルソケラトロジーってどんな治療?
レーシックのリスクとメリット
斜視って治療できるの?
こうした合併症や後遺症が出る確率は、
適切な手術が行われていれば1%以下といわれています。
どんなクリニックでも危険性を0%にすることはできないので、
事前にリスクとリターンどちらが大きいかをよく比較しておきましょう。

 

 

レーシックの適応検査は?
レーシック手術を受ける前に、適応検査を受ける必要があります。
適応検査で問題があった場合は手術を受けることが出来ません。

 

 

具体的には高度の近視や乱視、目の病気がある人、
18歳未満の人などは手術を受けられないことがあります。

 

 

レーシックの手術費用
手術費用は両目の場合で20万~60万円前後です。
医療費控除や生命保険の手術給付金制度を利用すれば、
さらに負担を少なくすることも可能です。

 

 

短期的には負担が大きいですが、長期的観点から見ればコンタクトやメガネよりも割安になります。

 

 

心構え
繰り返しになりますが、レーシックには一定のリスクがあります。
手術を受けた後で後悔するくらいなら、最初から受けないほうがよほどいいです。
リスクを受け入れる覚悟が出来た方のみ、手術を受けるようにしましょう。


スポンサードリンク
2014年8月3日 コメントは受け付けていません。 目の病気