スポンサードリンク

コンタクトレンズの長所と短所は?正しく理解すれば安全


視力を矯正する装置には大きく分けて眼鏡コンタクトレンズがあります。
コンタクトレンズは一般的に運動に向いており、
美容上も眼鏡に勝るとの見方が一般的ですが、
目にものを入れるわけですから当然危険がまるでないわけではありません。
コンタクトレンズを正しく理解して、安全なつけ方を学びましょう。

スポンサードリンク

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの違い
コンタクトレンズにはハードコンタクトレンズソフトコンタクトレンズがあります。
ハードコンタクトレンズは特殊なプラスチックが出来ており、その名の通り固いのが特徴です。
シャープな視界で乱視の方でも装着できますが、
慣れるまでに多少の時間がかかるという欠点があります。

 

 

一方、ソフトコンタクトレンズは含水性素材でできており、柔らかいのが特徴です。
着け心地がよく、短時間で慣れることが出来ますが、乱視の方には不向きです。
ハードコンタクトは堅いので角膜の上をよく動きます。
ソフトコンタクトレンズは柔らかいので角膜にフィットしてあまり動きません。

 

 

角膜上をうごきすぎると瞬きするたびにレンズが外れてしまい大変不便ですが、
だからと言って動かな過ぎるとレンズと角膜の間の涙の入れ替えが不十分になり、
角膜が酸素不足を起こしてしまいます。

 

 

コンタクトレンズの長所
コンタクトレンズの一番の利点は不正乱視の矯正ができることです。
メガネは角膜とレンズの間に空間があるため、蔵の拡大や縮小が起こってしまいますが、
コンタクトレンズにはそれがありません。
視野が枠で妨げられることもないので視界は開けていますし、
スポーツで像が揺れたりすることもありません。

 

 

メガネとコンタクトレンズ、どちらが美容上美しいとみるかは人によって意見が分かれますが、
一般的にはコンタクトレンズの方に優位性を見出す方が多いようです。

 

 

コンタクトレンズの短所
ただし、コンタクトレンスにも欠点があります。
一番の欠点は角膜に直接接するため、扱いが面倒だということ。
その扱いや管理には常に気を付ける必要がありますし、
処方や検査を受けるためには定期的に眼下に行かなければなりません。

 

 

ソフトコンタクトレンズは含水率が高くハードよりも多少扱いは楽です。
最近は材質が改善され、ハードでも目に優しいコンタクトも増えてきています。
長期間入れっぱなしにしておいても大丈夫なものも市販されています。

 

 

 

 

ただし、こうしたコンタクトを使う場合もやはり眼科で処方や検診を受けなければなりません。
また、角膜に傷がつくリスクについてもよく考えましょう。

 

 

そのリスクが怖いのならば、メガネを使用すべきです。


スポンサードリンク
2014年10月15日 コメントは受け付けていません。 目の病気