スポンサードリンク

かゆみなどの皮膚病の種類と特徴は?


皮膚病は皮膚の病的な変化です。皮膚は体の表面を覆っているものであるため、病的変化がわかりやすく、多くの皮膚病が知られています。失神のようにありふれたものでありながらその原因が今ひとつよくわかっていないものから、遺伝子疾患や感染症などの比較的明確な原因があるものまで様々な皮膚病があります。

スポンサードリンク

また、皮膚病には失神やほくろのように皮膚表面でとどまるものと、全身の病気の一部として皮膚に病変が生じるもの、内臓の病変が皮膚に影響を与えるものなどがあります。皮膚は内臓の鑑ということわざがあり、皮膚の変化は内臓の病変を表すものとして考えられています。

 

皮膚病は頑固で治りにくいものが少なくありません。失神や蕁麻疹などは命にかかわることはめったにありませんが、一方で非常に治りにくい性質を持っており、長く付き合っていく覚悟が必要になります。治療に当たっては以下のことに注意する必要があります。

 

1.原因をはっきりさせましょう。皮膚病は原因がよくわからないまま発生することも多いですが、アレルギー反応など明確な原因があることもあります。とりあえず原因がわかれば、それを取り除いたり、避けたりすることで治療が可能です。

 

原因を知るには毎日の生活習慣をきちんと記録し、体に接触した物質や食事の内容などを把握することが大切です。

 

2.皮膚病編の発生部位を観察しましょう。たとえば、外部の刺激が原因で皮膚病が発生している場合、直接刺激を受けた皮膚の場所だけに病変が派生します。一方、血流やアレルギーが原因の時は、様々な部位に左右対象に病変が表れることが多いです。

 

3.皮膚病が治りにくい原因の一つに、外からの刺激があります。アトピー性皮膚炎の患者は夜中に皮膚を掻いて病気を悪化させることが多いです。また、外的刺激によって最初とは別の病気になったり、新たに別の病気が加わることもあります。皮膚病では特にかゆみのコントロールが重要になります。

 

4.皮膚病には体質と関係があり、治りにくい病気があります。アトピー性皮膚炎、小児ストロフルスなどが典型的な例です。これらの病気にかかった際は無理に直そうとするよりも、対処療法で症状を抑えて自然に治療される時期を待ったほうが良い場合もあります。

 

5.皮膚病は自分で病変を確認することができるため、素人療法をしがちですが、それは大変危険なことです。皮膚科専門医の治療をできるだけ早く受けることが大切です。


スポンサードリンク
2015年11月24日 コメントは受け付けていません。 皮膚病