スポンサードリンク

地震が発生した時に身を守る方法


東日本大震災、阪神淡路大震災の例を出すまでもなく、地震はある日突然にやってきます。
また、地震の発生源や規模によっては津波が沿岸部に押し寄せてくることもあります。
地震と津波は住居のみならず時には命さえ奪っていく凶悪な自然災害ですが、日ごろから備えておくことによりある程度被害を減らすことができます。では、具体的にはどんなことに気を付けておけばいいのでしょうか。

 

 

まず、地震が発生したら倒れてくるものから身を守るようにしましょう。
大きな揺れが始まってしまうと安全を保つことは困難なので、初期微動の間になるべく安全なところに移動しましょう。

 

 

家屋の耐震性が低いと、家屋の倒壊によるけが、あるいは圧死の危険性があります。
平時に耐震診断を行い、場合によっては必要な耐震補強を行うことも大切です。
たとえ建物が無事でもなかにおいてある家具が倒れてそれに潰されてしまっては意味がないので、
大きな家具はあらかじめ固定しておくなどの対策も必要になります。

 

 

地震の時に最も危険なのは1階です。そのため、2階にいる人は慌てて1階に降りてはいけません。
家屋はつぶれたものの2階にいたために助かったというケースもままあります。
ただし、1階にいる場合は無理に2階に上がろうとしてはいけません。転倒の可能性があります。
また、慌てて外に飛び出すのも危険です。ガラス片などの落下物の危険性があるからです。
たとえ1階にいて1階部分がつぶされても助かる可能性はあります。

 

 

以上は屋内にいる場合のケースです。屋外にいる場合は建物に潰される恐れはありませんが、看板などの落下物から頭を守ることが大切です。
手に持っているカバンなどで頭を保護し、大きな街路樹の下などに一時的に非難しましょう。

 

 

自動車を運転していた場合はブレーキをゆっくり踏んで道路の左側に車を寄せて、静かに停車しましょう。
慌ててハンドルを切るのは非常に危険です。
電車に乗っていた場合は係員の指示に従って行動してください。

 

 

さて、揺れが止まったら次に行うべきは火の元の確認です。
昔は「ぐらっときたら火を消して」、すなわち揺れ始めたらすぐに火を消すのが正しいこととされていましたが、今はその理論は否定されています。揺れが来たらまずは身の安全を図り、揺れが収まってから確認しましょう。念のためにキッチンには消火器を置いておきましょう。

 

 

揺れが収まり、火の元も安全であることが確認できたら家族の安否確認を行いましょう。
災害掲示板を利用するのが最もいいでしょう。平時から事前に家族内で決まり事を作っておくと、いざという時の安否確認がスムーズに行えます。

 

 

続いて避難経路の確認を行いましょう。揺れでドアがゆがんで外に出れない際は、
窓ガラスを固いもので割って開けるなどの工夫も必要になります。
割れたガラスを踏んで負傷すると危険なので、厚手のスリッパ、スニーカーなどをはいてください。

 

 

あとは家の周りをチェックしましょう。自宅が大丈夫でもほかの住宅がつぶれていたり、火災が発生したりすることがあります。

 

 

なお、津波の恐れがある沿岸地域ではこれらのことをすべてやっていると危険です。たとえ揺れが小さくでも、やってくる津波が小さいとは限りません。
津波は場合によっては地震発生から数分で襲ってくることがあります。揺れが収まったらただちに近所の安全な高台に移動し、しばらく様子を見ましょう。

 

 

なお、家が無事で周辺に火災の心配がなければ慌てて非難する必要はありません。
とりあえず安全性が確保されている場合は自宅にとどまり、テレビやラジオ、インターネットなどで情報収集をしたほうがよいでしょう。


スポンサードリンク
2015年6月16日 コメントは受け付けていません。 災害