スポンサードリンク

地震、火災、爆発などの災害から身を守る方法


日本は災害大国です。基本的に人間は自然災害に勝つことはできませんが、だからといって災害から身を守る努力を怠ってはいけません。災害事態は防げませんが、その被害を小さくすることは不可能ではないからです。常日頃から災害に備えておくことが大切です。

スポンサードリンク

地震発生時に取るべき行動

地震が発生した時に日を使っていた場合は、まずはその日を消すようにしましょう。ただし揺れが大きくなって火に近づくと危険だという場合は、揺れが収まるのを待ってから消したほうがいいでしょう。どんなに大きな地震でも数分もすれば揺れは止まるので、それから消しても遅くありません。火元には消火器を用意しておくと、万が一燃え広がり始めても小火で食い止めることができます。

 

屋内にいた場合

建物の耐震性が低いと、倒壊による怪我や圧死のリスクが上がります。自宅の耐震性を診断してもらい、必要な補強をしておけば、そのリスクを軽減することができます。建物が無事でも中の家具が倒れてそれに押しつぶされてしまっては困るので、家具の転倒防止や什器類の落下防止対策も心がけましょう。

 

建物の中でも最も危険なのが1階です。1階部分が潰されても2階部分が無事だったということはままあります。2階以上にいる場合は慌てて階段を降りず、揺れが収まるまで待ちましょう。1階にいた場合は太い柱などの傍に近寄って揺れが収まるのを待ちましょう。慌てて外に出るとガラスなどの落下に巻き込まれる可能性があります。出先の建物で被害にあった場合も同様です。

 

屋外にいた場合

屋外は屋内と比べれば危険は少ないですが、建物沿いにいるとガラス片、かわら、外壁タイル、看板などの落下物で頭を打ってしまう可能性があります。コートやかばん、バッグなどで頭を保護して、街路樹の下や地下鉄入り口に避難しましょう。特に周りに何もない広場のような場所で地震にあった場合は、その場が最も安全なので下手に動かず揺れが収まるのを待ちましょう。

 

自動車内にいた場合

自動車運転中は地震を感じづらいです。逆に言えば、自動車運転中に地震を感じたということはかなり大きく揺れているということです。その場合はブレーキをゆっくり踏んで速やかに道路の左側に停車し、ラジオで地震情報や交通情報を聞き、その情報や周囲の状況に応じて行動しましょう。場合によっては自動車から離れることになりますが、その場合はキーはつけたままにしましょう。


スポンサードリンク
2016年5月24日 コメントは受け付けていません。 災害