スポンサードリンク

所得補償保険と収入補償保険の違いは。うつ病への対応と必要性


所得補償保険収入保証保険は、名前こそ似ていますがその補償内容は全く異なるものです。
両者の特性を理解して、自分に必要な保険はどちらなのかを判断しましょう。

スポンサードリンク

まずは所得補償保険についての説明です。
所得補償保険とは簡単にいえば、自営業者や会社員が働けなくなったときに、その所得を補償する保険です。

 

 

所得補償保険は、けがや病気で働けなくなった際に、税込み年収の約60%程度が補償される保険です。
また、一定の期間保険金を受け取らなかった(病気やけがで働けなくならなかった)場合には、掛け金の一部が返ってくることがあります。
病気には、うつ病や統合失調症などが含まれる場合と、含まれない場合があります。事前にチェックしましょう。

 

 

怪我や病気で動けなくなってしまったとしてもローンや生活費、健康保険料は毎月かかりますが、所得補償保険に入っていれば、毎月の負担を軽減することが出来ます。

 

 

所得補償保険は会社員でも加入できますが、
どちらかというと自営業者向けの保険です。
自営業者は会社員と違い、病気などで働けなくなってしまうと、
収入が全くなくなってしまいますからね。
もちろん、会社員でもお金に余裕がある場合には、入っておいたほうがいいでしょう。

 

 

ただし、所得補償保険の加入前には審査があります。
また、所得補償保険は「病気や怪我がなければ稼げるはずだった金額」に応じて保険金が支払われるため、
確定申告書の写しや納税証明書など、所得を証明することが出来る書類が必要になります。

 

 

一方、収入保証保険は簡単にいえば、自営業者や会社員が働けなくなった、
もしくは死亡した場合に、残された家族の収入を保証する保険です。

 

 

毎月保険金が下りるという点では所得補償保険と同じですが、
所得補償保険が「被保険者」の生活を支えるものであるのに対して、
収入保証保険は「被保険者の残された家族」の生活を支えるものです。

 

 

掛け金は掛け捨てであることが多いですが、その代わり保険料は割安になっていることが多いです。

 

 

所得補償保険の保険金額がその人の所得によって決まるのに対して、収入補償保険の保険金額は被保険者が自分で決めることが出来ます。

 

 

たとえば、アクサダイレクトのカチッと収入補償では、
毎月の保険金額を5万円から1万円単位で設定することが出来ます。
もちろん、保険金額が高くなるにつれて、毎月の掛け金は高くなります。

 

 

おさらい

所得補償保険は被保険者本人の生活を支えるためのもの。収入保障保険は残された家族の生活を支えるためのものです。

 

 

たとえば、自営業者で結婚していない場合には、所得補償保険は入ったほうがいいでしょうが、収入保証保険は必要ありません。自分のニーズに応じて、入る保険を決めましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す