スポンサードリンク

ADHDかな?と思ったら、病院に行ってみよう


計画を立てられずにミスを繰り返す、片付けができずに物をなくしてしまう、物事に優先順位が付けられない……こんな症状が続く場合は、ADHDの可能性があります。ADHDは治療しても根本的に治ることはありませんが、本人を取り巻く状況は大幅に改善し、精神的に落ち着くことは間違いありません。気が付いたらすぐに病院で検査を受けて、対策を立てましょう。

スポンサードリンク

ADHDの診断を受けることで、なぜ自分は問題行動を起こすのかがわかります。問題行動の原因が自分の意志の弱さによるものではなく、ADHDであることがわかるだけで、だいぶ気持ち的に楽になります。また、ADHDであることが分かれば、自分の得意不得意を他人に説明しやすくなります。

 

また、診断を受けることによって障害者手帳や障害者就労などを利用できるようになります。障害者手帳はそれほど役に立つものではありませんが、公共交通機関の割引や、所得控除の拡大などが望めるため、取得しておいて困ることはありません。障害者手帳を取得したことは自分から言わないかぎりは他人にバレることもありません。

 

診断を受けることによって、治療が受けられるのもメリットの一つです。治療は薬物療法とカウンセリングが中心になります。薬はストラテラとコンサータという2種類の薬がメインです。薬は大体7割の人に対して有効であるとされており、普段の症状が大きく改善されます。

病院の探し方

最近は子供のADHDに対する理解はだいぶ深まりましたが、大人のADHDを診ることができる医療機関はまだそれほど多くありません。医療機関を確実に見つけ出したい場合は、発達障害情報・支援センターに相談しましょう。

 

病院にいくときには、なるべく何に困っているのかをまとめたメモを持って行きましょう。できれば、母子手帳と子供の時の通信簿も持って行きましょう。子供の頃の状況側が分かれば、それだけ診断が正確になります。

 

病院では心理検査と呼ばれる検査を受けます。心理検査には知能検査、アンケート、絵を描く検査などがあります。いずれもした準備が必要なものではないので、何も用意せずに検査を受けると良いでしょう。知能検査は時間がかかることもあるので、体調を整えておくことが大切です。

 

診断を受けたら治療を開始します。薬はいつまでも漫然と飲み続けるのではなく、計画性が身についたら減薬することもあります。


スポンサードリンク
2016年8月30日 コメントは受け付けていません。 未分類