スポンサードリンク

日帰り手術のメリットとは?


近年、日帰り手術というものが盛んになってきています。日帰り手術とは読んで字のごとく、日帰りで行う手術のことです。以前は一定の期間入院が必要であった手術を、日帰りで行えるのが最大のメリットです。アメリカでは全手術の7割程度、イギリスでも5割程度が日帰り手術です。日本でも徐々に浸透してきています。

スポンサードリンク

日帰り手術が可能となった背景には、適切かつ覚醒の早い麻酔の開発、内視鏡手術やレーザー治療といった高度な手術方法の確立が挙げられます。日本でも最近はいろいろな施設で日帰り手術を受けることができます。

 

日帰り手術のメリットとデメリット

日帰り手術は従来の入院による手術と比べて拘束時間が短いのが最大のメリットです。拘束時間が短いので、仕事や家事などに対して与える影響を最小限に抑えることができます。手術は専用の最高品質の技術をもとに行われるため、手術の内容によっては治療直後から歩けるほど体に負担が少ないです。

 

一方、早期に退院することにより、患者のリスクが増す可能性があるという一面もあります。最新の技術を使うため手術創は小さくなりますが、傷が治るスピードは入院手術と一緒であり、病院にいる時間を短くすることにはいろいろとリスクもあります。

 

日帰り手術を受けるにあたっては、患者が日帰り手術を理解・希望している必要があります。また、手術中や手術前後の管理が必要となったり術後合併症が予想されるような慢性疾患を抱えていないことも条件となります。

 

また、万が一の事態に即座に対応できるように、住居に電話があり、日中だけでなく夜間も患者をケアできる同居人や知人がいることなども条件となります。日帰り手術は患者の家族知人のサポートがより重要になるといえます。高齢者やリスクの高い患者は無理に日帰り手術を行う必要はなく、しっかりと入院手術で様子見をしたほうがいいでしょう。

 

日帰り入院と通院の違い

細菌は日帰り入院でも保険料が受け取れる医療保険が増えてきています。日帰り入院とは、医師が入院が必要であると判断し、入院料などの必要が生じ、なおかつ入院日と退院日が同日である状態のことを言います。病院の窓口で渡される請求書に「入院料等」の記述があれば、それは入院だったといえます。

 

一方、通院とは医師による治療が必要なため、外来や往診によって治療を受けることです。手術を行った場合でも、外来のベッドを使用した場合は日帰り入院にはならないので気を付けましょう。


スポンサードリンク
2016年4月9日 コメントは受け付けていません。 未分類