スポンサードリンク

抗生物質とはどんな薬で、どんな副作用があるのか


抗生物質とは、微生物から抽出された物質のことです。代表的な抗生物質にペニシリンがあります。これらの抗生物質の発明により、最近による病気は飛躍的に治りやすくなりました。かつては肺炎や結核は死の病気だったのですが、現代においては抵抗力の弱い病人、高齢者など一部の人間を除いてこれらの病気で亡くなることはほぼありません。

スポンサードリンク

最近はウイルスに対して効果を示す抗生物質も開発されており、ヘルペスやインフルエンザの治療にも使われるようになりました。

 

一方、最近は抗生物質に対して抵抗力を持つ細菌が出現したり、種類の異なる新型肺炎が出てきたりしています。抗生物質を投与しておけば万事大丈夫、という話でもないのです。

 

抗生物質と風邪

風邪を引いているときに抗生物質を飲んで治そうとする方は少なくないかと思いますが、それは正しいとは言えません。抗生物質が効果を発揮するのは細菌に対してのみであり、ウイルスに対しては聞かないからです。風邪のほとんどはウイルスによるものであり、細菌によるものは稀です。

 

また、抗生物質は特定の細菌に対してしか効果を発揮しません。風邪の原因となる細菌にもいろいろあるので、それを特定するよりも人間の体が本来持っている自然回復力に期待したほうがいいケースがほとんどです。

 

しかし、だからと言って風邪の時に抗生物質を処方するのが必ず間違いであるとは言えません。抵抗力の弱い人などは風邪から別の細菌に感染することもあり、それを防ぐ目的で抗生物質を処方するのは選択肢として十分考えられます。

 

抗生物質と副作用

抗生物質は細菌に対して効果を表し、なおかつ人体には影響が出ないように作られていますが、それでも副作用が出ることがあります。一般的な副作用として、血液中の顆粒球減少、血小板減少、貧血、胃腸障害、肝臓障害、聴力障害などが挙げられます。こうした副作用を防ぐため、駐車の前には抗生物質に対するアレルギーがないか調べてから注射するというルールがあります。

 

菌交代とは

抗生物質を使い続けていると、その抗生物質が効く細菌が体内からいなくなり、かわりに別の菌が繁殖してくるという菌交代という現象が起こることがあります。この場合、最近ではなくカビ(真菌)が繁殖することもあります。カビに対して有効な薬は現段階では少なく、一度体内で発症してしまうと重症化することもあります。

 

また、抗生物質は使いすぎると薬の効かない細菌の感染症が発生することもあります。必要な量だけ使うことが大切です。


スポンサードリンク
2016年4月5日 コメントは受け付けていません。 未分類