スポンサードリンク

夏の頭痛は熱中症のサイン!?対処法と予防法を紹介します


普段は殆ど頭痛にならないのに、夏になるとよく頭痛になるという方がいらっしゃいます。その頭痛の原因は、もしかすると熱中症かもしれません。今回は熱中症による頭痛の対処法と予防法をまとめて紹介いたします。

スポンサードリンク

なぜ夏になると頭が痛くなるのか?

夏になると体温が上がり、体内の水分が減少しがちになります。体内の水分が減少すると血流が悪くなるため、体は血管を太くして対処しようとします。その血管が体の内部にある神経を刺激するため、頭痛が引き起こされるのです。

また、血流が悪くなることによって酸素が不足することも、頭痛の原因の一つです。頭痛が始まったらそれはすでに軽度の熱中症になりかけているサインなので、すぐに水分を取りましょう。

熱中症になりやすい人

同じ条件下で同じ行動をした場合、最も熱中症になりやすいのは高齢者です。高齢者は他の人と比べて暑さを感じづらいため、気がついたときには熱中症だった、ということがよくあります。加えて高齢者はトイレが近くなることをきらって、水分摂取を怠りがちです。家庭内に高齢者がいる場合は、こまめに水分を摂らせましょう。

夏の頭痛の対処法・予防法

熱中症が原因の頭痛は、薬ではなく水分補給で治ることが大半です。軽度な状態の時は水分を取るだけでも良いですが、経口補水液も一緒に摂るとより効果的です、経口補水液についてはこちらの記事もご参考にしてください。症状がひどい場合は、病院で点滴を打ってもらってください。

予防も水分摂取が基本になります。熱中症を防ぐ最大のポイントは、喉が渇く前に飲むことです。のどが渇きはじめたら、それはすでに熱中症の入り口ぐらい思っておいたほうが良いでしょう。

それでも頭痛が続く時は

夏になると頭が痛くなる人は熱中症を疑うべきですが、もちろん熱中症が良いの何かが原因で頭痛がすることもあります。頭痛が続く時は、念のために病院に行き、検査を受けましょう。


スポンサードリンク
2017年7月22日 コメントは受け付けていません。 未分類