スポンサードリンク

この時期悩ましい乾燥肌に有効な保湿と食べ物


冬は肌トラブルが多い季節です。とくに問題となりやすいのが乾燥肌。気温が下がり、湿度が下がり始めるとかゆみが気になるという方も多いのではないでしょうか。ある程度のかゆみは仕方ないことかもしれませんが、放置するとストレスが溜まったり、掻きすぎて炎症を起こす可能性もあります。しっかりと原因を究明し、対処することが大切です。

スポンサードリンク

乾燥肌の原因は加齢とライフスタイル

冬になると誰でも肌が乾燥しやすくなりますが、乾燥肌に悩まされる人もいれば、悩まされない人もいます。両者の違いはったいどこにあるのでしょうか。

まず、肌は基本的に歳を重ねるほど乾燥しやすくなります。皮脂の分泌は性ホルモンと関係しています。性ホルモンの分泌は女性は20代、男性は20代~40台がピークで、その後は徐々に減少していきます。そのため、男女ともに年齢を重ねるに連れて肌にうるおいがなくなり、かゆみを感じやすくなります。

また、ライフスタイル、例えば食生活や嗜好品、睡眠時間なども乾燥肌に影響を与えます。喫煙やファーストフード、短すぎる睡眠時間などは、乾燥肌を悪化させる要因となります。

乾燥肌を緩和するには保湿とライフスタイル改善が大切

乾燥肌を和らげるには保湿剤を使うのがいいでしょう。保湿剤には沢山の種類がありますが、どの種類にも肌の潤いを維持向上させる成分が入っています。どんなものがあうかは人それぞれなので、病院に行って処方してもらうといいでしょう。市販薬を使う場合は、薬局の薬剤師と相談して下さい。

ライフスタイルに関しては、世間一般で浸透している「健康的な生活」を送るのが基本です。まずは食生活。コラーゲンを作るタンパク質や、ビタミン類を積極的に摂取しましょう。また、タバコはビタミンCを破壊するため、できれば辞めたほうがいいでしょう。

水分もしっかり摂取しましょう。冬は汗をあまりかかないので水分摂取を怠りがちですが、冬でも水分は毎日少なくとも1500ml程度失われていきます。食物、あるいは飲物からこれに見合った水分を補給しましょう。

睡眠時間もしっかりと確保しましょう。睡眠時間が短くなると成長ホルモンが十分に分泌されず、脂質が減ってかゆみを感じるようになります。

また、睡眠は時間だけでなく質も重要です。近年の研究では、睡眠直後の3時間をいかに深く眠るかが重要とされています。寝る前にはリラックスし、脳を刺激するようなもの(テレビやスマホなど)は避け、寝る直前の飲食も控えてください。


スポンサードリンク
2016年11月29日 コメントは受け付けていません。 未分類