スポンサードリンク

扁平足を治すメリットは?疲れやすい場合は要チェック、サポーターは有効?


足の裏が平らになっている状態を扁平足といいます。
扁平足でも特に自覚症状が無ければいいのですが、
疲れやすいなどの自覚症状がある場合は、治療が必要になることもあります。

スポンサードリンク

症状
扁平足とは簡単にいえば、土踏まずがない状態のことを言います。
人間の脚というのは通常、先端(指側)と後端(かかと側)が低く、
真ん中が高いアーチ構造になっています。

 

 

この構造が脚にかかる負担を和らげてくれるのです。
子供のころは足の裏に脂肪がついているため土踏まずはないことが多いのですが、
年を取るにつれえ自然と土踏まずが形成されていきます。

 

 

8歳を過ぎても土踏まずが出来ない時は、扁平足と言っていいでしょう。

 

 

土踏まずがないと歩いているときに足にかかる衝撃を十分に吸収できず、
痛みや疲労感を感じやすくなります。
一方で扁平足でもそうした症状が出ないこともあり、
人それぞれともいえます。

 

 

また、靴というのは基本的に土踏まずがある人をモデルとしているため、
選べる靴が少なくなってしまうというデメリットもあります。
3Eや4Eなどの幅広の靴以外が履けないのは、人によっては辛く感じるかもしれません。

 

 

さらに足のストッパーがなくなるため踏ん張りが効かず、
何もないところで転びやすくなります。

 

 

そうなるとだんだん歩かなくなり、足腰が弱っていくという二次的な症状が現れます。
扁平足自体の症状はそれほどでもないですが、
それによってい引き起こされる症状は意外と深刻なのです。

 

 

原因
扁平足には先天的なものと後天的なものがあります。
遺伝的な要素がないわけではないですが、大多数は後天的なものです。
もともと存在したはずの土踏まずが、筋力の低下など何らかの原因でなくなってしまうのです。

 

 

治療
小学生低学年以下の子供の扁平足は年とともに消えることが多いので、
あまり気にする必要はありません。

 

 

ただし、8歳を過ぎてもなかなか消えないという場合には、
裸足で過ごす生活習慣を身に付けさせるようにしましょう。

 

 

裸足で過ごすと足をしっかりと踏みしめる習慣が出来、
自然と扁平足が治っていきます。

 

 

思春期の子供の場合は、アーチをつけた足底板の使用や、
アーチを支えるための筋肉の強化を行います。

 

 

成人期の場合も同様の治療を行いますが、
機能不全が進んだ場合は手術を行うこともあります。

 

 

足裏の筋肉を強化するには
①長さ50cmほどのタオルを地面に引き、その先端に辞書やダンベルなどある程度重いものを載せます。
②後端に足を置き、足指の力でタオルを引っ張ります。重しが指にぶつかったらストップします。
③この運動を1日15回程度続けると、足の裏が鍛えられ足のアーチが形成されていきます。


スポンサードリンク
2014年9月14日 コメントは受け付けていません。 手足の病気