スポンサードリンク

外反母趾の痛みの治し方は?テーピングや包帯は有効?小指の場所はどうする


ハイヒールなどを履く機会が多い若い女性は、
外反母趾になりやすいといわれています。

症状が進むと歩くことすら困難になります。
そコマで症状が重くなる前に治療が必要になります。

スポンサードリンク

症状
外反母趾とは足の親指(母趾)が、外側に曲がり変形してしまう病気です。
外反母趾には大きく分けて5つのタイプがあります。

 

 

靭帯性外反母趾
親指そのものが大きく曲がっているタイプの外反母趾です。
安全なところばかりを歩いていると足が鍛えられず、
筋力が衰えて踏ん張りが効かなくなり、このタイプの外反母趾になります。

 

 

主な症状は足指や股関節の痛み、脛のハリやむくみなどです。

 

 

仮骨性外反母趾
親指の付け根の骨が異常に発達して足が膨らむ病気です。
親指の付け根を強く打ち付ける歩き方をしていると、
衝撃のかかる部分を守るために骨がどんどん発達してきます。

 

 

主な症状は足底部の痛み、変形性膝関節症などです。

 

 

混合性外反母趾
上記二つの外反母趾が療法併発しているパターンです。
中年以降の女性に多く見られます。

 

 

ハンマートウ性外反母趾
足の指が上側に極端にそっくり返っています。

 

 

病変性外反母趾
病気や交通事故などが原因で、指が著しく変性している状態です。

 

 

原因
外反母趾になる主な原因は歩き方にあります。
安全なところばかりを歩いて足の裏が鍛えられなかったり、
逆に足に強い衝撃がかかり過ぎていたりすると、足の裏が正常に発達しません。

 

 

また、ハイヒールなど先が細い靴を履き続けることも原因となります。
自分の脚に合わない靴を無理に履き続けることにより、変形は進んでいきます。

 

 

男女比は1:9で女性の方が多いです。
また、遺伝的要素(生まれつき筋力が弱い)などが原因となることもあります。

 

 

治療
足の裏の変形があっても、痛みがなければ無理に治療をする必要はありません。
痛みがひどい場合は、その程度に応じて治療を行います。

 

 

痛みがそれほどでもない場合は、装具を用いたり、鎮静薬を使ったりします。
母趾を内側(親指側)に引っ張る矯正装具や、母趾と第二趾に挿入するベルクマン装具などが一般的です。

 

 

痛みが強かったり、大きく変形している場合には手術を行います。
手術の目的は痛みの軽減であり足の形を戻すことではありません。

 

 

足の形を元に戻したい場合には、正しい靴選びを行う必要があります。
靴の選択に置いては、ハイヒールやパンプスなどの幅の狭い靴は避けてください。

 

 

テーピング包帯も有効ですが、正しいやり方で行わなければ逆効果です。
必ず医師にやり方を教えてもらい、その通りに実践しましょう。

 

 

土踏まずがしっかりしていて、履いても足の指先がある程度動かせるような、
余裕のある靴を選ぶようにしましょう。


スポンサードリンク
2014年9月14日 コメントは受け付けていません。 手足の病気