スポンサードリンク

身体表現性障害と心身症の類似点と違いは?予後とパキシル(薬)の効果


現代における心の病気の中でも、身体表現性障害は比較的マイナーな存在です。
理解のない医師からは気のせいとあしらわれることもあり、患者さんの苦しみが理解されないことも多いので、注意が必要です。

スポンサードリンク

身体表現性障害は、心の悩みや葛藤が身体的症状につながる病気です。
身体表現性障害では様々な身体的症状が現れます。
腹痛、嘔吐、排尿困難、息切れ、胸痛、皮膚疾患など人によって症状はまちまちです。

 

 

そこで病院に行き、医師から「心配ありません」とお墨付きをもらいます。
そうするといったんは安心するのですが、その後も症状が出続けるため、
あの医師は誤診だったのではないか」「もっと詳しく見てもらおう」と再受診、再々受診を繰り返すことになります。

 

 

しかし実際に病気はないのですから、医師としては「心配ありません」というしかありません。
こうした流れを繰り返すことにより疑心暗鬼に陥り、心身が疲弊していきます。

 

 

心身症と似ていますが、器質的機能的な異常の有無が決定的に違います。
心身症は心の動きに原因があるとはいえ、実際に高血圧や胃炎などの症状が出ます。
それに対して身体表現性障害は、検査をしてみると健康なことがわかります。

 

 

身体化障害
身体表現性障害の中でも多いのが身体化障害です。
体の異常を訴えますが、実際に検査してみるとこれといった症状が見つかりません。
しかし本人は異常を感じているので、治療することを切に望みます。

 

 

治療に当たってはまずは検査をして身体的な病気でないことを確認し、
それからパキシルなどの薬物を使った治療を行うのが一般的です。

 

 

心気障害
体の異常を訴えますが、実際に検査するとこれといった症状が見つからないのは身体性障害と同じです。

 

 

身体性障害と違い、新規障害では治療ではなく診断を求めます。
自分ががんだと思い込んだら、がんだという診断が出ないと気が済まないのです。
まじめで勤勉な人がかかりやすいといわれています。

 

 

治療方法は身体化障害とおおむね一緒です。

 

 

疼痛性障害
激しい痛みがあると訴えますが、検査をしてもこれといった異常は見られません。
実際に疼痛の原因となる疾患や外傷があっても、その程度が検査所見と比べても強すぎるというケースもあります。

 

 

疼痛には抗うつ薬が効果的であるため、薬物療法が中心となります。
麻酔などを神経に注射する神経ブロック注射も効果を示します。

 

 

転換性障害
手足が動かない、五感が十分に働かないなどの症状があります。
男性よりも女性に多く見られる病気で、治療は精神療法を中心に行います。


スポンサードリンク
2014年10月26日 コメントは受け付けていません。 心の病気