スポンサードリンク

自律神経失調症の症状を薬で治すには。ジェイゾロフトの副作用を男女性でチェック


自律神経失調症は、症状はあるものの原因が特定できないものを総称した病名です。

スポンサードリンク

自律神経とは

人間の神経には体性神経と自律神経があります。

 

 

このうち自律神経とはその名の通り体が動でしている神経、
言い換えると自分の意思ではなく自動で勝手に体が動かしている神経のことを指します。

 

 

たとえば私たちは心臓の動きを意識的に早めたり、ゆっくりさせたりすることはできません。これは心臓の動きを自律神経が司っているためです。

 

 

逆に手や足は自らの意思で動かすことが出来ます。
これは手や足の動きを自律神経ではなく体感神経が司っているためです。

 

 

また、自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は運動中など自分の体が活発に動いているときに働く神経です。
交感神経には血管を収縮させる、心臓をどきどきさせる、
血圧を上昇させるなどの役割があります。

 

 

一方、副交感神経は安静時などから他を休めているときに働く神経です。
副交感神経には血管を膨張させる、呼吸をゆっくりにする、
血圧を下降させるなどの役割があります。

 

 

普段は我々はこの二つの自律神経を自動的に使い分けています。
昼は活動的になるので交感神経が有利に働き、
夜は非活動的になるので副交感神経が有利に働きます。

 

 

しかし、この二つの神経のバランスが何らかの原因で崩れてしまうことがあります。
これが自律神経失調症です。
自律神経失調症になると夜も緊張した状態が続き、
体をリラックスさせる副交感神経が十分に働くことが出来なくなります。
その結果頭痛や肩こり、下痢、食欲不振など様々な症状を引き起こします。

 

 

原因

自律神経失調症の原因は様々ですが、特に大きいのがストレスです。
ストレスは体を緊張状態にし、交感神経を過剰に活発にさせます。
そのほか喫煙、飲酒、食生活の乱れなども原因となり得ます。

 

 

症状

自律神経失調症の症状は非常に多岐にわたっています。
頭痛、下痢、食欲不振、胃痛、肩こり、発汗、集中力の低下、
不眠、めまい、たちくらみ、吐き気、無感動など、
現れる症状は人によって大きく異なります。

 

 

詳しい症状のチェックはメディカルiタウンで受けることが出来ます。

 

治療

自律神経失調症の治療には薬物療法、心理療法、認知療法などを用います。
薬物療法ではジェイゾロフトなどのSSRIや抗不安薬、抗うつ薬などを摂取します。

 

 

SSRIは従来の抗うつ薬と比べて副作用が少なく安全性も高いのですが、それでも100%安全というわけではないので、処方の際には必ず医師から十分な説明を受けるようにしましょう。

 

 

心理療法や認知療法は時間がかかりますが、
人によっては効果的です。医師とよく相談したうえで、
自身にあった治療法を選ぶように心がけてください。


スポンサードリンク
2014年7月9日 コメントは受け付けていません。 心の病気