スポンサードリンク

統合失調症のアメーバブログの家族とは?原因と初期末期症状の具体例


統合失調症はかつて精神分裂病と呼ばれていた病気の一種です。
2002年に呼称は現在の統合失調症に変わりましたが、
呼び名が変わったからと言って症状が改善されるわけではありません。

 

 

かつては一度かかると治療するのが難しい病気として有名でしたが、
最近は適切な治療を受けることにより平穏な日常生活を取り戻す人も増えています。
発症率は1%と比較的高く、特別な病気というわけではありません。

スポンサードリンク

症状
統合失調症は簡単にいえば、思考や行動、感情の整理がつかなくなる病気です。
ありもしないものが見えたり(幻覚)、聞こえたり(幻聴)するようになります。

統合失調症の患者さんのブログなどを見ると、
支離滅裂な文章が書かれているのはそのためです。
能力の低下はうつ病などと判断が付きにくいです。

 

 

症状は上記の幻覚や幻聴などの陽性症状
気分や意欲の低下などの陰性症状
記憶力や集中力の低下などの認知障害の3つに分類できます。

 

 

陽性症状は患者の神経をすり減らします。
陰性症状は好きだった趣味などに対する意欲が低下し、目に見えて覇気がなくなります。
認知障害は学校や仕事などの社会生活を困難にします。

 

 

統合失調症は4つのパターンに分類できます。
1.破瓜型
つじつまの合わない言動や感情のない表情などが目立ちます。
思春期ごろからゆっくりと時間をかけて発症した人に見られます。

 

 

2.緊張型
落ち着かずずっと動いているなどの症状が見られます。
突然発症するケースがおいです。

 

 

3.妄想型
幻覚や妄想が症状の中心です。人との交流は比較的保たれます。

 

 

4.分類不能型
いずれにも当てはまらないパターンです。

 

 

原因
統合失調症は遺伝、環境、脳の障害、性格、
環境などが複雑に絡み合っておこります。
これらの原因にストレスとなるイベントが重なると、
発症することが多いといわれています。

 

 

治療
統合失調症は症状が悪化する急性期
気分が落ち込むものの回復が見られる回復期
症状が安定する安定期に分類できます。

 

 

急性期は薬物療法が中心です。
基本は通院治療ですが、症状がひどい場合は入院もあり得ます。
抗精神薬には副作用の強い第1世代薬と、副作用が弱い第2世代薬があります。
形態も飲み薬、注射など様々です。

 

 

その他、電気痙攣治療を行うこともあります。

 

 

回復期には向精神薬を使用しつつ、レクリエーション療法や集団精神療法にも取り組みます。
このころになると患者さんはある程度冷静になり、
それゆえに焦りを感じるようになります。
周囲や焦らせないように、長い目で見守ることが大事です。

 

 

安定期には特定のプログラムやデイケアなどで社会復帰をするための土壌づくりをします。
社会復帰に当たり、医療機関だけでなく地域支援センターなどをフルに活用することが大事です。

 

 

この時薬を勝手に辞めると悪化しやすいです。
薬は信頼できる医師の指導に従って使用してください。


スポンサードリンク
2014年8月21日 コメントは受け付けていません。 心の病気