スポンサードリンク

恋愛・パチンコ・ギャンブル・回避・買い物依存症の治し方……生活を蝕まれる前に


世の中には様々な依存症が存在しています。
そのほとんどは我々の生活に多大な悪影響を及ぼします。
身近な人が何かに対する依存症になりかけているなど感じたら、周りの人がストップをかけましょう。
ここでは世の中に存在する代表的な依存症をいくつか紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

アルコール依存症

アルコールを摂取したいという気持ちが抑制できない状態です。
アルコールは適量ならリラックスでき、気持ちをおだやかにすることができるなどいい点も多いのですが、度を超えた摂取は人体に悪影響を与えます。

 

 

また、アルコールの摂取を優先するあまりに日常生活がおろそかになり、
仕事や家族関係に悪影響が出るなどの点も無視できません。

 

 

アルコールを無理やり絶とうとすると不安感に襲われたり、眠れなかったりなどの症状が現れます。
これらの症状はアルコールを摂取することによって一時的に収まりますが、またすぐに同じような症状がより強く表れます。その結果、アルコールの摂取量はどんどん増えていきます。

 

 

治療は精神療法が一般的です。薬を併用することによって不安感を和らげます。

 

 

薬物依存症

薬物と一口に言ってもその種類は様々ですが、それらを摂取しないことにより日常生活に悪影響が出るという点ではどれも一致しています。
どの薬物を使用したときにも最初に「すっきりした」「前向きな気分になれた」というプラスの体験があるため、そのことが忘れられずに繰り返し摂取するようになります。

 

 

薬物依存の中でも特に身近なものにニコチン依存症があります。
タバコを止めようと思ってもどうしてもやめられないのがニコチン依存症の代表的な症状です。
喫煙が体に様々な影響を与えることは周知の事実ですし、ニコチンがなくなることによって不眠、うつ症状などが出ることも知られています。

 

 

そのほか、記念は覚せい剤や麻薬の依存症も問題となっています。
一度でも使ってしまうとそこから抜け出すのは非常に難しく、幻覚、妄想、精神的な不安などを引き起こします。

 

 

大麻はそれらと比べると禁断症状は少ないですが、麻薬や覚せい剤の入り口となることが問題視されています。

 

 

また、処方薬を飲みすぎることによる依存症も最近増えてきています。

 

 

治療は精神療法が中心となります。
薬物から離れるのは簡単なことではなく、患者本人のみならずその家族のサポートも必要に泣てきます。集団で治療に取り組む自助組織を活用するのも手です。

 

 

ギャンブル依存症

ギャンブルを繰り返している状態のことです。中でも近年は特にパチンコ依存症が広く注目されています。ギャンブルをしたいという衝動が抑制できずに、借金を重ねるなどして社会生活が送れなくなります。

 

 

ギャンブル依存症の特徴的な反応のひとつに「否認」があります。
これは自分がギャンブル依存症ではないとかたくなに信じようとせず、問題を過小評価することです。客観的に見ればどう考えても依存症であるにもかかわらず、「自分は違う」と考える傾向があるため、治療は簡単ではありません。

 

 

また、ギャンブル依存症は長時間ギャンブルを経った後でも、再び手を出してしまうとそこからずるずるとギャンブルの沼にはまっていってしまうという特徴があります。

 

 

以前はギャンブル依存症は本人の意思によるものと考えられていましたが、
近年はギャンブル依存症患者の脳には活動低下がみられることが明らかになっています。
そのため、治療に当たってはギャンブル依存症が精神疾患であることを本人が認める必要があります。しかし、上記の避妊のせいでそれがなかなかうまくいかないことも多いというのが現状です。

 

 

治療は投薬治療が中心となります。近年はギャンブル依存症が依頼も増えてきています。

 

 

回避依存症

回避依存症とは、人と深い関係を構築することを自然と回避する症状のことです。
親しい友人、恋人などを作ろうとしないため、周囲の人からは変人扱いされることが多いです。
もちろん他人にまるで興味がないというわけではなく、恋愛や友達を作る人もいますが、
せっかく恋人ができたのにその瞬間から相手に興味が薄れて別の人に移ったり、
人に干渉されない全く別の趣味に没頭したりします。

 

 

回避依存症の人は決して相手に自分の内面、弱みなどを見せようとはしません。
いい自分、かっこいい自分という表面を取り繕った自分を見せる一方で、
たとえ恋人や友人が相手であっても素の自分は見せようとはしません。

 

 

回避依存症の原因は子供のころの家庭環境にあるといわれています。
一般的に歯親から過干渉・過保護に育てられた人が回避依存症になりやすいといわれています。
特に異性の親から過保護にされると回避依存症になる確率が高いです。

 

 

恋愛依存症

恋愛依存症とは、回避依存症とは対照的に、異性と過剰な交流を求める症状のことです。
通常、恋愛は楽しくて生活を豊かにするものです。しかし、恋愛依存症に陥ってしまうと、本来楽しいはずの恋愛に妄執的に囚われるようになり、日々の生活に悪影響を与えます。

 

 

もちろん、恋愛中は誰でも多少浮き沈みがあるものですが、恋愛以外のことが全く手につかなくなった場合は恋愛依存症の可能性が高いです。

 

 

さて、恋愛依存症と聞くと一般的に女性のものというイメージがあります。
そのイメージはおおむね正しいです。どちらかというと男性は回避依存症に、女性は恋愛依存症に陥りやすいといわれています。しかし、女性でも回避依存症になる人はいますし、男性でも恋愛依存症になる人はいます。

 

 

依存から抜け出すには自分に対して自信を持つ必要があります。
他人に嫌われること、他人と離れることをそれほど怖いと思わないようになれば、自然と恋人との距離感がつかめるようになっていきます。

 

 

買い物依存症

買い物依存症とはその名前の通り、買い物に依存しすぎてしまい、その結果日常生活に悪影響が出ている状態のことを言います。
人間だれしも時には財布のひもが緩んで無駄な買い物をしてしまうことがありますが、
買い物依存症の場合は自分にとって不必要なものばかりを買ってしまいます。
買う量もけた違いに多く、その結果借金漬けになることも珍しくありません。

 

 

買い物依存症と買い物が好きな人は全く違います。
買い物が好きな人は、ほしいものを買うために別のものを我慢することができます。
それに対して買い物依存症の人は我慢ができず、その時の欲求だけでいらないものを買ってしまいます。

 

 

買い物依存症はどちらかといえば女性の方が陥りやすく、中には自身の経済力を超える買い物をして、自己破産に至った人もいます。

 

 

調査によれば、アメリカでは全人口の6%(約1800万人)が買い物依存症であるといわれています。
アメリカは現金や電子マネー決済が主流な日本と違い、
クレジットカード文化が発達しているため、ついついいらないものまで買ってしまう人が多いようです。

 

 

買い物依存症の治療に当たっては家族のサポートが必要不可欠です。それらが得られない場合には、ボランティアの自助組織に入ることも考えましょう。


スポンサードリンク
2015年5月19日 コメントは受け付けていません。 心の病気