スポンサードリンク

急性ストレス障害の特徴をチェック。PTSDにならないためには?


東日本大震災や阪神淡路大震災などの大災害後、
海外では大規模なテロ事件があった後などに、PTSD(心的外傷後ストレス障害)が取りざたされることがあります。

 

 

急性ストレス障害はそのPTSDの一歩手前にある危険な状態です。

スポンサードリンク

急性ストレス障害は事故や災害、犯罪被害や交通事故などの大きな出来事で自分の生命が脅かされた後、一時的に表れる病気です。強烈なトラウマによる一過性のストレス反応と言っても差支えないでしょう。

 

 

ストレスの源は人によって異なります。自然災害、火災、銀行強盗、
交通事故、通り魔などです。生命が脅かされるあらゆる出来事が原因となり得ます。

 

 

これらのショッキングな出来事の後、不安やイライラ、動悸や震え、めまいなどの症状が現れます。たさし、こうした症状は数時間から数日程度、長くても4週間程度で消失します。

 

 

しかし、この段階で適切な治療を受けないと、
その後PTSDに発展することがあるので、症状が消えたからと言って安心してはいけません。

 

 

症状
主な症状は解離症状、再体験、回避、過覚醒の4つがあります。

 

 

解離症状は見たり聞いたりしたことを現実として受け止められなくなる状態のことです。
どんな出来事に対しても感情が動かなくなり、喜怒哀楽が表現できなくなります。

 

 

再体験は他愛もない出来事からトラウマとなった出来事を思い出すことです。
悪夢を見たりすることもあり、再体験を促す出来事に対して強くストレスを覚えます。

 

 

回避は再体験を招くような場所や人、話題などを極端に避ける状態のことです。
絶対に思い出したくないという気持ちが強くなると、無意識のうちに回避行動を取ります。

 

 

過覚醒は覚醒が過剰になっている、つまり過剰に興奮している状態のことです。

 

 

原因
自分もしくは他人の生命がひどく脅かされることが原因です。
自分が災害を体験していなくても親しい他人が災害で死にかけた場合など、
あるいは人が交通事故に遭う現場を目撃した場合なども、発症することがあります。

 

 

治療
適切な治療を受けることによってPTSDになるのを防ぐことが出来ます。
体験が強烈なほどPTSDになる可能性は高くなるので、
何か胸囲に脅かされたときには迷わず心療内科や精神科を受診しましょう。

治療には心理療法や薬物療法を用います。

 

 

また、他人に対してトラウマとなったことを話すのはストレスを発散させる効果があります。同じ体験をした人と話し合うのは特に効果的です。
心の奥底にしまい込んで我慢してしまうと、ますます辛くなります。

 

 

薬物療法は一般的に短期間で済ませます。
抗うつ薬や抗不安薬の処方が一般鉄器です。


スポンサードリンク
2014年10月2日 コメントは受け付けていません。 心の病気