スポンサードリンク

子供の心身症の症状とは?歯科・口腔心身症の治療方法と薬


心身症は多くの人にとって身近な病気です。
心の病気ともいえますし、体の病気ともいえる、不思議な病気です。

スポンサードリンク

そもそも、どんな病気でも心と体の両方に影響が出るものです。
たとえばがんなどは100%体の病気に思えますが、
こうした重大な病気になれば治るかどうかという心配も生まれます。

 

 

逆に精神疾患が体調不良につながることもままある話です。

 

 

一部の身体疾患は特に精神状態と密接なかかわりがあります。
たとえば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などはストレスという精神的状態が再発に大きく影響していますし、
心筋梗塞は競争心が強い人がなりやすいといわれています。

 

 

このように、身体疾患の中でも特に精神的要素の比重が大きいものを心身症といいます。
心と体が密接に結びついているという意味では身体表現性障害と似ていますが、両者は別物です。

 

 

心身症はあくまでも「心が原因で起こる体の病気」です。検査をすると実際に病気があります。
一方、身体表現性障害は「心が原因で起こる身体的な症状」です。症状はあっても体の中に病気はありません。

 

 

原因
心身症には個々人の性格が大きく係わっているといわれています。
人は誰でもそれなりの大きさのストレスにさらされています。
ストレスだけが心身症の原因ではありませんが、関連性があることは否定できません。

 

 

こうしたストレスにさらされた時、多くの人はストレスをうまく処理し、体に影響が出ないようにできます。

 

 

が、中にはこうしたストレス処理が下手な人も居ます。
こうした人を「アレキシチミア」と呼びます。
アレキシチミアの人は総じて自分の感情の変化に気が付きにくく、
知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまいがちです。

 

 

また、周囲に対して過剰に合わせようとする人は心身症になりやすいといわれています。
このような性格的・心理的な要因に環境などの外部因子が加わり、心身症を発症します。

 

 

特に子供は心身の関係が未成熟なため、心身症になりやすいといわれています。
特に学童期は精神的なストレスで頭痛になることもが多いです。これを心因性頭痛といいます。

 

 

また、最近は口腔心身症にも注目が集まっています。口腔心身症は別名歯科心身症とも呼ばれる病気であり、舌痛症、口腔乾燥症、顎関節症などが代表的です。

 

 

新量子化と呼ばれる領域では、口腔心身症の治療に注力しています。

 

 

治療
治療に当たっては薬物療法と同時に心理療法を行います。
自律訓練法や行動療法などは得に有効です。
自律訓練法とは自己催眠法の一つです。数分間でできるので、忙しい人にも効果があります。


スポンサードリンク
2014年10月28日 コメントは受け付けていません。 心の病気