スポンサードリンク

吃音症の治し方とは?芸能人(有名人)にも患者が!


吃音症は話初めに同じ言葉を繰り返したり、あるいは言葉が途中ででなくなったりする状態のことを言います。また、その随伴症状として言葉の途中で無意識に手を振ったり、顔面がひきつったこともあります。

スポンサードリンク

吃音は5歳時の5%、成人の1%に見られるといわれているポピュラーな症状です。
有名人ではブルース・ウィルスさん、田中角栄元首相、プロボクサーの内藤大助選手らも元吃音だったといわれています。また、喋ることが仕事であるアナウンサーの小倉智昭さんも昔は吃音症でした。

 

 

今は吃音症でも適切な治療を受ければ気にならない程度にまで改善する可能性が大です。
では、いったいどうすれば吃音症の症状を治すことが出来るのでしょうか。

 

 

まずはその前に吃音症の出方について解説します。
一般的に吃音症は発展途上国には少なく、先進国に多いといわれています。
先進国では言語、人種などにかかわらずほぼ同率に発生します。

 

 

男女比では男女が多く、その原因はいまだにはっきりとわかっていません。
吃音の症状が顕著になるのは3歳~5歳程度、最初は母親が気付き、
次に父親が気付き、最後に本人が気づくというのが通常の流れです。

 

 

吃音の原因はいまだによくわかっていませsん。
昔は本人が意識していない吃音を第三者が注意することにより、
それまで意識していなかった吃音を意識するようになって吃音が悪化すると考えられていました。

 
しかし、今では緊張や不安などが吃音の原因となるケースは少ないというのが定説です。
むしろ吃音は脳機能の生涯であると考えられています。
右脳の過剰な活動、あるいは機能不全、脳内の神経回路の問題などが主たる原因といわれています。

 

 

ただし幼児の吃音は不安や緊張によるものも多いので、一概に原因を断言することはできません。

 

 

治し方ですが、基本的には年齢が低いうちに始めたほうがよいといわれています。
できれば本人が吃音に気づく前に周囲がそれとなく治療を始めさせたほうがいいでしょう。
地域の言葉の教室、小児科、耳鼻咽喉科、心療内科などで治療を行えば、たいていが改善します。

 

 

言語療法のほか、薬物療法、心理療法などが行われることがあります。
幼児の時に言語療法士のもとで適切な治療受けた場合の治癒率はや宇8割程度です。
たとえ完全に治癒しなくても症状が緩和されることは間違いないので、
なるべく早く治療を始めたほうがいいでしょう。

 

 

もちろん成人になってから治療を始めても一定の効果は望めます。

 


スポンサードリンク