スポンサードリンク

人格障害を無料でチェック。他人との付き合い方を考えよう


人間には様々な性格の人がいます。明るい人・暗い人、働き者・怠け者、自己中心的・献身的……これらの人格はそれぞれが唯一無二のものではありますが、
ほとんどの人は性格の個人差はある程度の幅の中に入っています。

 

しかし、中にはそのある程度の幅から極端に外れている人も居ます。
これらも個性といえば個性なのかもしれませんが、
その性格のせいで本人や周囲が悩んだりすることケースも少なくありません。

 

 

そのような極端な人格を人格障害といい、多くの分類基準があります。

スポンサードリンク

妄想性人格障害
現実に全く起きていないことをあたかも起こったことのように伝えて、
それを他人に指摘されても全く考え方を変えない状態が続きます。
全く正しくないことを事実だと盲信し、その考えに基づいて行動するため、
周囲と摩擦が起こることも少なくありません。

 

 

妄想自体は誰もが抱くものですが、これが病的なまでに激しくなると人格障害に分類されます。
症状としては疑り深くなる、他人から被害を受けていると感じるようになる、
極端に嫉妬深くなる、自我が肥大する、自分が正しいと思いこむなどが挙げられます。

 

 

統合失調性人格障害
他人との人間関係を望ます、孤立して空想や内省にふけります。
感情表現をすることが少なく、他人からの評価を気にしません。
社会的なルールに対しては無関心、もしくは鈍感である傾向があります。

 

 

非社会性人格障害
反社会的人格障害とも言います。きわめて暴力的で、ちょっとした衝動でもめ事を起こします。
傲慢で責任感がなく、社会と衝突した場合も自分が正しいと執拗に主張します。

 

 

情緒不安定性人格障害
結果を考えずに衝動的に行動し、それを止めようとした人に対して衝突する傾向があります。
精神的にいつも不安定で気まぐれであり、突発的な怒りを抑えられません。

 

 

混乱した自己像、不安定な対人関係、自暴自棄になりやすい傾向も認められます。

 

 

境界性人格障害
1980年代まで精神病と神経症の中間にあると考えられていた病気です。
感情の表現方法尾が常にオーバーで芝居がかっていたり、
周囲の言葉に過度に影響されたりします。

 

 

その根底には孤独に対する耐性の低さがあるといわれており、
その原因は幼少期時代の虐待やいじめがかかわっているといわれています。

 

 

強迫性人格障害
几帳面で完ぺき主義、他人にとっては取るに足らないような物事にまでこだわります。
自己流のやり方に他人を巻き込む傾向があるため、他者との軋轢も多いです。

 

 

依存性人格障害
意思決定が出来ず、何でも他人に頼ります。
自立を求められると捨てられたと思い込みます。

 

 

治療
精神療法、薬物療法などが中心です。
ただし、自分が人格障害であると気が付かない場合もあります。
その時は周囲の人が迷惑を感じていますが、抜本的な対処法がないのが現実です。


スポンサードリンク
2014年11月7日 コメントは受け付けていません。 心の病気