スポンサードリンク

不安障害 の広場恐怖とはどんな症状?留守番できない人の治し方


広場恐怖はその名前から勘違いされやすい病気の一つです。
今まで広場恐怖というものの中身を勘違いしていた方は、
これをきっかけに正しい広場恐怖の意味を学んでいってください。

スポンサードリンク

広場恐怖と聞くと皆さんはどんな症状を思い浮かべますか?
おそらく、多くの人は広場、つまり公園やグラウンドなどの広い場所に対して恐怖を感じるというものを想像すると思います。

 

 

しかし、その考えは正しくありません。広場恐怖は不安障害の一つであり、
その人にとってテリトリーでない場所を避けるのが主症状です。

 

 

たとえば外出。われわれにとって電車の中やバスの中、
あるいはデパートの中などは他人の空間であり、自分のテリトリーではありません。

 

 

広場恐怖患者はこのような場所に行くことを強く嫌います。
そのため、活動範囲が自然と狭まってしまい、社会に対する役割を果たせなくなります。

 

 

軽症の段階では若干の不安を感じながらも外出できるのですが、
重症になると付き添いなしでは全く外出できないこともあります。
いわゆる「引きこもり」のような状態になってしまいます。

 

 

逆に家で一人で留守番できない人もよくみられます。
広場恐怖はパニックを起こすことを強く恐れていますが、
それを他人に助けてもらえないことも同じくらい強く恐れます。
周辺に頼る人がいないということは、広場恐怖の人にとってはとても恐ろしいことなのです。

 

 

なお、閉所恐怖症や乗り物恐怖症なども広場恐怖症に分類されます。

 

 

原因
なぜ人が広場恐怖に陥るのかはよくわかっていませんが、いわゆる幼少期のトラウマに問題があるのではないかとみる医師は少なくありません。

 

 

幼少期でなくても天災や事故などで心に深い傷を負ったことがある人は、
広場恐怖を発症することがあります。

 

 

治療
広場恐怖の治療には長い時間がかかりますので、長期戦を覚悟してください。
まずは抗うつ薬や抗不安薬を用いて精神の安定を図ります。
その後の治療方法は医師によってかなり個性が出てきますが、
今まで避けていた場所にあえて行かせるという治療方法はメジャーです。

 

 

たとえば、電車に乗ることに対して強い恐怖を感じている場合は、
まずは駅の近くまで行かせて、その次に駅の改札口まで行かせて、
次にホームまで行かせて、その次に実際に電車に乗り一駅だけ移動してみる、
と段階を踏んで恐怖を克服させます。

 

 

恐怖を克服すれば自分に自信が付き、広場恐怖は和らいでいきます。

 

 

周囲の人たちは広場恐怖を受け入れてください。
症状のない人には理解しがたい病気ではありますが、存在を許容してあげてください。


スポンサードリンク
2014年10月25日 コメントは受け付けていません。 心の病気