スポンサードリンク

2歳3歳の子供の発達障害をチェック。特徴は顔にも出るか?


今回はネット上でも簡単にできる、
発達障害のチェック方法について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

子供の発達障害についてチェックできるサイトはいくつもありますが、
今日はその中でも代表的なサイトを二つ紹介します。

 

 

まず一つ目はADHD.co.jpの「子供の日常生活チェックリスト」。
医療機関を受診する前に受けておくとスムーズに診察が進みますので、
自身のお子さんに発達障害があるかもしれないとお考えの方は是非チェックしてみてください。

 

 

チェックは20項目の質問から成り立っています。
20の質問について「全く違う」「わずかにそう思う」「かなりそう思う」「全くその通り」の4つの回答の中から最もふさわしいものにチェックを入れるだけでOKです。

 

 

チェック後はウェブサイト内の「印刷する」ボタンを押してページを印刷し、
医療機関に持っていきましょう。

 

 

二つ目は「ふぁみえーる」の「発達障害チェック」です。
該当する項目にチェックを入れるだけで、ある程度のチェックが可能です。
もちろん、このチェックはあくまでもおおよそのチェックに過ぎないため、
正確な診断がほしいという場合には医療機関への受診が必要です。

 

 

これらのチェックはあくまでも簡単なテストにすぎません。
発達障害のテストというよりも、医療機関を受診するためのきっかけといったほうがいいでしょう。

 

 

さて、次に発達障害の外面的な特徴について解説していきます。
もちろん、発達障害の人には個性があるため、すべての人が以下の特徴に該当するわけではありませんが、発達障害の人の顔はおおむね2パターンに分類できます。

 

 

一つは彫が深く端正な顔立ちのタイプ。幼い時は可愛いといわれる顔ですが、
青年期に入るにしたがって顔立ちのバランスの悪さが目につくことがあります。

 

 

もう一つは童顔でパッとしないタイプ。この場合は歳を重ねると見栄えが良くなっていくのが一般的です。

 

 

また、どちらの場合も比較的表情が乏しく、
喜怒哀楽が顔面に出ないといわれています。
ただ、顔に喜怒哀楽が出ないからと言って感情がないわけではなく、
むしろ感情の起伏は激しい場合が多いです。

 

 

さて、発達障害と診断されたときの対処法についてです。
発達障害はまず誰かに相談することが大切です。
病院検索サイトで発達障害を見てもらえる小児科などを探しましょう。

 

 

また、支援が受けられる期間を尋ねることも大切です。
発達障害は一人で抱え込んでしまうとますます泥沼化してしまいます。

 
他人に相談し、適切な支援を受けることによって本人も周りも楽になります。

 

 

相談機関はこちらのページからお探しください。


スポンサードリンク
2014年7月27日 コメントは受け付けていません。 子供の病気