スポンサードリンク

新生児・小児が脳性麻痺になる原因とは?その症状と特徴


脳性麻痺は症状が顕著なので比較的気が付きやすい障害です。
ただし障害の種類は非常に豊富です。タイプによって目立つ症状も異なりますので、
注意深い観察が必要になってきます。

スポンサードリンク

脳性麻痺は脳障害の一種です。
脳が障害されるタイミングは赤ちゃんがお腹にいるときから、
生後1カ月ぐらいまでの時期です。

 

 

脳奇形などの生まれつきのものから、感染症などの異常、
難産、あるいは酸素欠乏、重症黄疸などいろいろな原因があります。

 

 

症状は障害された脳の部位や、その生涯によって異なります。
知能は正常な子供も居れば、明らかに知能の遅れが見られる場合もあります。

 

 

麻痺の種類にも手足が固くなる痙性麻痺、不随意運動としてねじれるような動きがあるアトテーゼ型、体が柔らかくなり極端に反り返る型などがあります。

 

 

出生直後は脳性麻痺に気が付かないことも多いのですが、
成長するにつれて健常児との差が明らかになっていきます。
生後半年頃から異常がはっきりしてきて、いつまでたっても首が座らない、
手足が開かない、座れないなどの目立つ症状が出てきます。

 

 

軽度の場合はつま先立ちになりながらも歩くことが出来ますが、
重度の場合は歩くことが出来ません。

 

 

治療
脳性麻痺を根本から治療する方法はありませんが、
運動障害を訓練によって軽くすることはできます。

 

 

訓練は早期に行うほど効果が高くなるので、診断が下ったらすぐに訓練を始めます。
体操、ハイハイ、座るなどの基本動作を学ぶとともに、筋肉をほぐすマッサージや関節を伸ばす運動を受けます。筋肉が固くなりすぎた場合はほぐす薬を使うこともあります。

 

 

こうした運動や訓練は専門家に指導を受けることも大事ですが、
それだけでは足りないので家でも行わなければなりません。

 

 

また、歳を重ねるにつれて知的障害や言葉の遅れ、てんかんなどが明らかになったときは、
ここの症状に合わせた治療が必要になります。

 

 

産科医療補償制度
産科医療補償制度とは。分娩時に赤ちゃんが脳性麻痺になったときに、
赤ちゃんとそのお家族の的負担を補償するとともに、
脳性麻痺発症の原因分析を行い、再発防止に役立つ情報を提供する制度です。

 

 

ただし、脳性麻痺すべてが補償の対象になるわけではありません。
詳しい条件を知りたい方は一度産科医療補償制度のホームページをご覧になってください。

 

 

補償金額は準備一時金が600万円、保証分割金が120万円×20=2400万円です。
請求手続きの時期によって金額が変わることはありませんが、早めの申請をお勧めします。


スポンサードリンク
2014年10月29日 コメントは受け付けていません。 子供の病気