スポンサードリンク

急性扁桃炎が自然治癒する期間はどれくらい?


急性扁桃炎とは俗にいう「扁桃腺が腫れた」状態のことを指します。
扁桃とは口の中の左右にある口蓋扁桃、端の奥の突当りにあるアデノイド、
耳管周囲扁桃、舌の付け根の自今扁桃などがあります。

 

 

原因

人間の口腔内には様々な菌が存在しています。
扁桃にはそれらの菌と、免疫細胞が混在しています。
通常はこの免疫細胞が金をシャットアウトしてくれるのですが、
ときには対処しきれずに金やウイルスが中で増殖してしまうことがあります。

 

 

ウイルスが増殖を起こすと扁桃に炎症が起こります。これが扁桃炎です。
扁桃炎は主に抵抗力の弱い子供によく見られる症状ですが、大人も感染することがあります。

 

 

症状

子どもの場合は急性扁桃炎と同時に花の症状も引き起こしやすいので注意が必要です。
症状は風邪と似ています。38.5度程度、もしくはそれ以上の高熱が現れるとともに、
のどの痛みを感じるようになります。頭痛、倦怠感を感じることもあります。

 

 

赤くなった扁桃の表面には普段は見られない小さなかすが出来ます。
この小さなかすを膿栓といいます。

 

 

扁桃炎は自然治癒に任せるよりも、医療機関を受診して薬で治すべきです。
自然治癒に任せると扁桃周囲炎や慢性扁桃炎といった他の病気になることも考えられます。
治療は軽度の場合はうがい薬やトローチなどでも大丈夫ですが、
症状が重いときは抗生物質や鎮静剤、消炎鎮痛薬を使用します。

 

 

食事がとれないほどのどが痛いときは点滴で栄養分を補給します。
生活は規則正しいものにしましょう。口の中は清潔に保ち、
症状が消えかかっていても時々はうがいをするようにしましょう。
飲酒と喫煙はなるべく減らすか、断ちましょう。

 

 

食事については免疫力を高めるものを中心に摂取するといいでしょう。
にんにく、納豆、バナナなどは抵抗力を高めるのに役立ちます。
ビタミンC,ビタミンEなどもたっぷりと取りましょう。

 

 

扁桃周囲炎や慢性扁桃炎を繰り返す場合は、扁桃を摘出することも視野に入れましょう。
そもそも扁桃がなければ扁桃周囲炎にも慢性扁桃炎にもかかりません。
扁桃には菌の侵入を防ぐ役割があり、これを摘出するのには抵抗がある人もいらっしゃるかと思います。
しかし、最新の研究によれば、扁桃を摘出した直後は抵抗力が一時的に低下するものの、
その後は次第に回復していくものとのことなので、心配はありません。
扁桃炎を繰り返している場合は、医師と十分相談したうえで摘出してしまいましょう。

 

 


スポンサードリンク