スポンサードリンク

小児喘息の症状と診断。完治の可能性は?


子供の喘息を小児喘息といいます。場合によっては入院治療が必要となることもあるので、心あたりがある場合は事前に入院の際に気を付けるべきことについてチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

喘息とは、空気の通り道である気管支が急に狭くなり
呼吸しづらい状態のことを言います。喘息を起こす発作を喘息発作といいます。

 

 

症状
小児ぜんそくは普段は無症状ですが、
時折ゼーゼーという音を伴った呼吸困難を起こすことがあります。

 

 

発作は小発作、中発作、大発作の3つに分けられています。
小発作は呼吸困難がありますが、軽度なものにとどまります。

 

 

中発作は明らかな呼吸困難が見られ、会話も途切れがちになります。
大発作では呼吸困難のみならず、時にチアノーゼ(皮膚や唇が青紫色になること)を認めます。
小児喘息の70%は3歳までに、90%が5歳までに症状を発症します。

 

 

症状が出ているときはひどく苦しいのに、
症状が治まると何ともなくなるのも特徴です。

 

 

原因
主な原因はハウスダスト、アレルギーなどです。
ダニなどのアレルゲン、ウイルス感染などには注意する必要があります。
ピークフローメーターを用いた検査を行うことが多いようです。

 

 

ピークフローメーターはピークフロー値( 十分息を吸い込んだ状態で、極力息を早く出したときの息の速さ)を調べる機械です。
気道が狭くなっているときは値が小さくなるため、
自覚のない程度の喘息の症状も確認することが出来ます。

 

 

診断
大人の場合は呼吸機能試験や気道過敏性試験を受けることもできますが、
子供の場合はそれらの検査が難しいことが多いため、

 

 

治療
小児喘息の70%は思春期までに自然に治るといわれています。
ただし、だからと言って喘息発作を放置していいというわけではありません。

特に16歳までに治らないと、一生治らない可能性が高まります。
症状を放置しておけば呼吸困難から死に至る可能性だってあります。

 

 

薬物治療の場合は狭くなった気管支を広げるステロイド剤を使用します。
このほか、発作の原因となるハウスダストなどを少なくする取り組み、
適度な運動による体力アップなども併せて行います。

 

 

なお、ストロイド財と聞くと、その副作用を心配される方もいるかもしれませんが、
ステロイド剤は喉、気管支と限られた範囲内にしか聞かず、
しかも極めて少量であるため、副作用は少ない、もしくは出ない場合が大半です。

 

 

もし万が一副作用が強く表れた場合は、医師と相談してください。
自己判断で勝手に吸引を辞めてしまってはいけません。

 

 

心構え
喘息だからと言って遊び対盛りのお子さんに毎日安静にさせるわけにはいきません。
短期的には喘息とうまく付き合いながら、
長期的には喘息の症状をなくしていき、
喘息でない子とできるだけ同じような生活を送ることを目標にしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す