スポンサードリンク

子供の肥満の原因とチェック方法は?


肥満は大人のみならず子供にとっても大きな問題です。大人の肥満度の判定はBMIを用いることが多いですが、子供の肥満度の判断を行う際にはローレル指数を用いることが多いようです。ローレル指数の計算式は以下の通りです。

 

 

(体重(kg)/身長(cm)3)×107

たとえば、体重40Kg、身長145cmの場合、ローレル指数は131となります。以下の表に照らし合わせると、この場合発育状態は標準であることがわかります。

発育状態 ローレル指数
やせすぎ 100以下
やせぎみ 101~115
標準 116~144
太りぎみ 145~159
太りすぎ 160以上

 

体重の指標は母子健康手帳にも掲載されています。体重の成長曲線が一番上の90パーセンタイルを超えている場合は、体が標準と比べてかなり大きいということになります。身長と体重がともに大きい場合は単に体が大きい子であるというだけでそれほど心配はいりませんが、身長が平均程度であるにもかかわらず体重ばかりが大きくなっていく場合は注意が必要です。

 

 

といっても、乳児期の太り過ぎは自然に収束していくことが多いので、それほど心配はいりません。問題になることが多いのは3歳以降の太り過ぎです。幼児期の太り過ぎは大人になるまで持ち越すことが多く、肥満が続くと脂肪肝、糖尿病、高血圧などの元になるので、早めの是正を心掛けたほうがいいでしょう。

 

 

原因

肥満の原因は体内に過剰に脂肪組織がたまっていくことです。先天的に肥満になりやすい病気もありますが、大奥は後天的なものです。肥満には体質も関係しており、食生活も同じになるため親子や兄弟でともに肥満というケースも少なくありません。

 

 

治療

食事療法と運動療法が主です。食事療法は年齢による適切な摂取カロリーを心がけます。間食をなくし、食事や炭水化物類を減らし、全体の摂取カロリーを減らします。脂質類を減らす必要はありませんが、油を使う揚げ物などはカロリーが高くなりがちなので留意が必要です。赤身肉や魚、卵、牛乳などのたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどは必要量摂取します。カロリー制限に伴う空腹感については、野菜などの量がありカロリーが低いもので対処します。

 

 

子供の場合は身長が伸びていくので無理に体重を落とそうとするよりは、体重の増加を抑えながら緩やかに肥満を解消していく方が結果的にうまくいくことが多いようです。家族の協力も必要不可欠になります。幼児期から健康的な生活習慣をはぐくみ、のちの生活習慣病を防ぎましょう。


スポンサードリンク
2015年12月26日 コメントは受け付けていません。 子供の病気