スポンサードリンク

子供の病気は症状がわかりづらい?


子供の病気は、大人の病気とは様々な点で差異があります。子供は大人と比べて体も心も不安定であり、様々な病気になりやすいものです。日頃から子供の状態によく気を配っておき、いつもと違うと感じたらその裏に重大な病気が隠れていないか、しっかりと観察をする必要があります。

スポンサードリンク

子供の病気はわかりにくい

子供は体調不良が会ってもそれを訴えなかったり、あるいは訴えてもその内容がよくわからなかったりすることがあります。特に乳幼児の場合は喋れなかったり、大人と比べて語彙が極端に少なかったりするため、体調が悪いのか悪くないのかがわからないこともしばしばあります。いざというときに症状を見逃さないように、健康な時の子供の状態というものをよくチェックして覚えておきましょう。

 

子供の体調は急激に変化しやすい

大人の体調変化がゆっくりとしたものであるのに対して、子供の体調変化は比較的急激に起こることが多いです。さっきまで元気だったのにいきなり熱を出したり、あるいはさっきまでつらそうにしていたのにいきなり元気になったり、というようなことも珍しくありません。診察の時点では比較的軽度だったのに、病院から返ってきたらいきなり重症化した、というような実例もたくさんあります。

 

子供と大人ではかかる病気が違う

子どもと大人では、かかる病気が違います。大人ではかからない病気にかかることもしばしばあります。特に子供の時期は感染症にかかりやすく、また症状が重症化しやすいので注意が必要です。

 

また、一口に子どもと言ってもその年齢層は非常に幅広く、例えば1歳児と15歳ではかかる病気にも差ができます。

 

よく見られる子供の体調不良

顔色がおかしい

子供の体調不良の多くは顔色に現れます。中でもよく見られるのがチアノーゼです。チアノーゼとは、顔が暗い紫色になる症状です。口唇や爪などに現れることもあります。

 

また、乳幼児期には黄疸が見られることもあります。多くは新生児期、乳児期早期の生まれて間もない時期に見られます。心配のない黄疸もありますが、そうでない黄疸もあるのでまずは病院で診察を受ける必要があります。

 

哺乳不良

慢性の哺乳不良の原因は心臓疾患、呼吸器疾患、神経疾患など様々です。素人目には判断がつかないことが多いので、必ず小児科医診察を受ける必要があります。急性の哺乳不良は感染症が主な原因です。たとえ発熱がなくても哺乳不良が続くと水分が十分に摂取できず、脱水症状を引き起こすことがあります。目安として、1日あたりの水分摂取量が平常時の3分の2以下になっている時には注意が必要です。場合によっては、輸液で対処することもあります。

先天異常とは

先天異常とは、体の表面や内蔵の形状、あるいは機能に生まれつき存在する異常のことを言います。形状の異常は特に「奇形」と呼ばれ、顔や手足などの一見してすぐわかる外表奇形と、心臓や腎臓などの一見しただけではわからない内臓奇形があります。形状が正常でも、その機能に異常がある場合は先天異常に含まれます。

 

線点以上の原因は様々ですが、染色体の異常や遺伝子などの異常と、感染症や薬などの環境要因に分類することができます。体は多くの遺伝子を元に作られるものですが、その遺伝子に何らかの異常があると、先天異常という形でそれが現れます。奇形は機能に問題がないものもあれば、早急な手術や治療が必要な物まで様々です。

 

遺伝とは

親から子に受け継がれる性質を「遺伝」と言います。例えば親子は体型や体格が似ることが多いですが、これは遺伝のためです。もちろん、親と子が全く似ないこともありますが、全体的な傾向として似通うのです。親から子供に受け継がれる、遺伝の情報の元になるものを遺伝子といいます。

 

遺伝子はデオキシリボ核酸(DNA)という物質からなリたってます。遺伝子は、染色体という紐状のものに載っています。人間の場合、常染色体が2本ずつ22組、それと性染色体が2本で計46本です。染色体の数が少なく、あるいは多くなった場合、体に異常が出ることがあります。あるいは染色体の数は正常でも、切れて他の部分につながってしまうと異常が出ることがあります。このような現象を「染色体異常」といいます。遺伝子に異常があって起こる病気を遺伝病といいます。

 

遺伝形式

遺伝子は、常染色体上には2本ずつあります。両親のどちらか片方から病期の遺伝子を受け継いだ場合、もう一方が正常でも病気になることがあります。このような病気を、「常染色体優性遺伝病」といいます。子どもは2人に1人の割合で病気になります。

 

一方、両親の両方から病気の遺伝子を受け継いだ時のみになる病気もあります。このような病気を、「常染色体劣性遺伝病」といいます。子どもは4人に1人の割合で病気になります。

 

ある病気の原因の遺伝子異常がわかっている場合は、正常な遺伝子を体の中に入れることによって病期を治すことが可能です。このような治療を遺伝子治療といいます。


スポンサードリンク
2016年8月2日 コメントは受け付けていません。 子供の病気