スポンサードリンク

子供の夜尿症の原因は。病院で診察を受けて薬や漢方で治療しよう


5歳を過ぎてもおねしょが治らない症状を「夜尿症」といいます。

スポンサードリンク

はじめは尿意を感じることをできなかった子供も、
2歳~2歳半ばぐらいになると尿意を感じることが出来るようになります。

 

 

その後もまだしばらくは尿を我慢できる時間が短く、
夜はもちろん昼間にもお漏らしをしてしまうことはしばしばあります。こ
れは当然のことであり、特別に心配することではありません。

 

 

しかし、5歳以上になってもまだおねしょをする場合は注意が必要です。
5歳以上のこどもおねしょは「夜尿症」と呼ばれただのおねしょとは区別されます。

 

 

原因
夜尿症の原因は子供の性格や親の育て方ではありません。
一般的に正しいとされているトイレットトレーニングを行ったとしても、
夜尿症になる子供もいます。

 

 

主な原因は膀胱の未発達です。

 

 

膀胱の容量は年齢を重ねるとともに大きくなっていき、
4歳~5歳ぐらいになると昼間の1.5倍から2倍程度は貯められるようになるのが一般的です。

 

 

しかし、夜尿症の子供はこの膀胱の量が未発達で、
我慢できる量が少ない場合が多いです。
これを「膀胱型夜尿」といいます。

 

 

また、膀胱は人並みに大きくても、夜間尿量が多いために夜尿症となるケースもあります。

 

 

通常の場合、抗利尿ホルモンの働きにより、
昼は尿量が多く、夜は尿量が少なくなります。

 

 

しかし、夜尿症の子供の多くは夜の抗利尿ホルモンが少ないため、
昼間の尿量は夜尿症でない子供と同じでも、
夜の尿量だけが増えるというケースがあります。
これを「多尿型夜尿」といいます。

 

 

その他、心理的な原因(ストレスなど)が夜尿症の原因となるケースもあります。
また、そのほか膀胱の気質に異常がある場合もあります。

 

 

症状
夜尿症には一次性夜尿(生まれた時からずっと続いているもの)と、
二次性夜尿(一度治ったが再発したもの)があります。

 

 

一次性夜尿は膀胱の未発達や夜間尿量の多さが原因となることが多く、
二次性夜尿は心理的な原因となることが多いです。

 

 

検査
膀胱の大きさを図る検査方法として、以下のようなものがあります。
①寝る前にトイレに行き、おむつを履いて就寝する。
②翌日、おねしょで濡れたおむつの重さをはかり、そこから乾いたおむつの重さを引く。
③朝一番でトイレに行き排尿し、その尿量を②に足す。

 

 

これで膀胱の容量が分かります。
この数値が200ccかそれ以下である場合には膀胱型、
250ccを超える場合は多尿型と判断されます。
膀胱型と多尿型、両者が合併することもあります。

 

 

治療
一般的な治療方法は、夜の水分をあまりとらせず、
十分に練る前に排尿させるというものがあります。
また、膀胱が人より小さい(膀胱型)と検査で分かった場合には、
医師の判断のもと、膀胱を大きくさせるため、
トイレを意図的に我慢させるトレーニングを行うこともあります。

 

 

叱るのは逆効果です。
また、夜中にトイレに行くのもホルモンバランスの乱れを引きおこすので非推奨です。
親が焦らないことが何より大事です。

 

 

一般的にはこの治療法でそのうち治癒することが多いのですが、
まれに10歳を超えても症状が消えないケースがあります。
その場合は薬物療法も可能です。治療に使われるのは抗うつ薬や自律神経調整薬などです。漢方薬を用いることもあります。

 

 

心構え
夜尿症は親が焦っても、あるいは子供が焦っても治りません。
時間をかけてゆっくりと治療を行うことが大切です。

 

 

子供が劣等感を持たないようにすることも大切です。
夜尿症でも別に他人に迷惑をかけているわけではないのですから、
決して責めないでください。ますます治りが遅くなります。


スポンサードリンク

コメントを残す