スポンサードリンク

子供の副鼻腔炎の症状は喉や咳、歯痛など。うつる、治らない?自然治癒するか


副鼻腔炎はアレルギー持ちや虚弱体質の人によく見られる症状です。
正しい対処法によって、十分に症状を緩和することが出来ます。

スポンサードリンク

副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれる病気の一種です。
副鼻腔とは鼻腔の周囲にある空洞です。ここに炎症が起きた状態を副鼻腔炎といいます。
副鼻腔炎には急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎があります。

 

 

急性副鼻腔炎
細菌感染が原因で起こる副鼻腔の炎症です。
花内部の粘膜にウイルスや細菌がくっついて感染します。
一度感染し粘膜に炎症がおこると、
分泌物が排出できなくなるため炎症が悪化します。

 

 

風邪が治った後に現れることも多く、発熱はありません。
鼻づまりや鼻水、頭痛などの症状が現れます。

 

 

治療
基本的には保存治療によって改善が期待できます。
保存治療とはいわゆる切らない・出血させない治療のことです。
抗生物質の摂取で治ることが多いのですが、治らない場合には専門医の治療が必要になることもあります。

 

 

炎症を放置すると眼科蜂巣炎、髄膜炎、脳腫瘍などにつながることもあります。

 

 

ネブライザー療法などで、副鼻腔の換気と排泄を促す治療も有効です。
急性副鼻腔炎はきちんと治療しておかないと、慢性副鼻腔炎に移行する可能性があります。
命にかかわるような病気じゃないからと放置せず、しっかりと治療を行うことが肝心です。

 

 

慢性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎は別名蓄膿症とも言います。
急性的にできた副鼻腔炎の炎症が慢性化した状態の総称です。

 

 

急性副鼻腔炎を放置したり、感染を繰り返すことによって慢性化します。
最近は衛生環境の発達により、重度の慢性副鼻腔炎はあまり見られなくなりましたが、
その分軽度・中程度の慢性副鼻腔炎は増えています。
最近は慢性副鼻腔炎にアレルギーなどが付随してくることも多く、
難治性の病気として知られています。

 

 

治療
治療方法は急性副鼻腔炎とそれほど違いはありません。
ネブライザー、抗生物質などを用いて炎症を抑制します。
また、副鼻腔内の洗浄や粘液用解約も効果的です。

 

 

なかなか良くならない場合には、鼻腔と副鼻腔をつなげる手術を行うことがあります。

 

 

予防
副鼻腔炎の予防で一番大事なのは鼻の中の清潔を保つこと、
すなわち鼻風邪をひかないことです。

 

 

鼻風邪が続いた場合などは、耳鼻咽喉科で副鼻腔洗浄をしてもらいましょう。
鼻づまりが嘘のように消えていくことも多いです。

 

 

なお、副鼻腔炎は症状が風邪に似ているため、
うつるものであると思われている方がいますが、
副鼻腔炎は他人にうつることはありません。

 

 

ただし、そのまま放置して自然治癒するようなものでもありません。
特に子供の場合は抵抗力が弱く、慢性化してしまいがちです。
初期段階で治療すれば大事にならずに済みます。
副鼻腔炎かなと思ったら、すぐに医師に診てもらいましょう。


スポンサードリンク