スポンサードリンク

大人と子供の学習障害(LD)の特徴は。病院で検査可能、芸能人の実例も紹介


基本的な知能には遅れがないものの、
ある特定の分野が極端に苦手である障害を学習障害といいます。

スポンサードリンク

学習障害というと全く勉強ができない、知能に遅れがあるというイメージを抱く人も少なくないかと思いますが、実際にはそんなことありません。知能は正常で、得意な分野もあります。

 

 

ですが、他者と比べてあまりにもできないことがある障害を、学習障害といいます。

 

 

症状
学習障害の定義は、文科省によれば「全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用にいちじるしい困難を示す、さまざまな障害」です。
学習障害はさらに

 

  1. 読書障害(文章が把握できない)
  2. 書字障害(字が書けない・鏡文字になる)
  3. 算数能力障害(簡単な計算ができない)
  4. 言語障害(話したり、発音したりが出来ない)
  5. 協調運動障害(靴ひもを結ぶなど少し複雑な動作ができない)

 

等に分類されます。
なお、単に勉強についていけない場合、
知的障害がある場合などは学習障害に含まれません。

 

 

原因
原因は脳の機能障害であるといわれています。
そのため、本人や周囲が単なる努力でどうなるものではありません。
ただし、詳しい原因までは解明されておらず、
そのフォローに対する方法論も研究者によって異なるというのが現状です。

 

 

検査
学習障害の検査は専門家が行います。
まずは家庭や学校での情報を集めて報告し、そのうえで検査を行います。
主な検査は

PRS
K-ABC 心理教育アセスメントバッテリー
ITPA 言語学習能力診断検査
の3つです。

 

 

PRSは子供の言動や行動を見るスクリーニングテストです。
K-ABC検査は子供にある課題を与えて、その解決方法を見るテストです。
ITPAは子供にあることを伝えて、それを子供が別の人にどのように伝えるのかをみるテストです。

 

 

これらの検査は専門家のもとで行う必要があります。
まずは近くの病院や保健所などに相談しましょう。

 

 

治療
まずは病院で検査を受けて、医師と今後のサポート方針を決めてください。
専門知識のある人がフォローに回ってくれることにより、
子供たちは社会性を身に付けることが出来ます。

 

 

また、周囲は学習障害のある児童に対して教材をわかりやすく組み立てるなど、
教育方法にも気を配る必要があります。親・医師・教員の理解を得ることは必須です。

 

 

大人の学習障害
学習障害は大人になっても続きます。
子供の時に必要な支援を受けられていないと、
大人になってから就職失敗、仕事での大きなミス、
引きこもり・ニート化や精神的な病気の発症など様々な二次的症状を引き起こします。

 

 

また、大人になるとそのプライドから、
自分が学習障害であることを受け入れることが困難になるとも言われています。

 

 

とはいえ、本人が受け入れようが受け入れまいがその人が学習障害であることには変わりありません。大人になってからの治療でも十分に間に合います。
大人の場合は子供と比べて薬物療法が効果的であることが多く、
勤めながらの治療も決して難しくありません。

 

 

学習障害であると診断されたら、
まずは自分の障害を受け入れるところから始めてみましょう。

 

 

芸能人と学習障害
学習障害とうまく付き合い、自己の才能をうまく伸ばして社会的成功を収めた人は決して少なくありません。芸能人の中にも学習障害の人は少なからず存在しています。

 

 

たとえば、黒柳徹子さんは自身の書物の中で「計算障害・読書障害」であるかもしれないと話しています。

 

 

また、ハリウッド俳優のトム・クルーズさんも幼少期は字が読めず、
俳優になった後も台本が頭に入ってこないことがしばしばあったため、録音しながら覚えるなどの工夫をして乗り越えたそうです。

 

 

その他、イギリスのチャーチル、アメリカのジョン・F・ケネディなども学習障害であったといわれています。

 

 

このように、学習障害を抱えている人でも、社会的に成功する人は成功するものです。
もちろん、彼らのように大成功できるかどうかは分かりませんが、
彼らの姿勢を学ぶことは重要なことであると思われます。

 

 

心構え
学習障害は病気ではなく障害です。おそらくは一生付き合っていかなければなりません。
親が障害を理解し、傷害に合わせて社会で生きていく力をつけさせていくことにより、
子供たちは満足度の高い人生を歩むことが出来ます。


スポンサードリンク

コメントを残す