スポンサードリンク

大人と子どもと赤ちゃんのはしかの症状は。抗体と予防接種の料金


はしかは発疹を伴うウイルス性の疾患です。

スポンサードリンク

はしかのウイルスは非常に強力であり、患者のそばに行くとまだはしかにかかっていない人はほとんどが感染します。
一方で体外ではウイルスは不安定なため、
第三者の器物を通して伝染することは稀です。

 

 

症状が出やすいのは生後6か月から2歳前後です。
予防接種を行っていない場合は、年長児にも発症することがあります。

 

 

一度かかってしまえば一生免疫が得られますが、
幼少期にかかっていない場合は大人でも発症することがあります。

 

 

症状
潜伏期間は10日~12日前後です。潜伏期間が終わるとくしゃみ、せきなどの風邪に似た症状がよく現れます。光をまぶしがることもあります。この期間をカタル期といいます。

 

 

カタル期が終了すると、体温が少し下がり、その後再上昇します。
高熱とともに体中に発疹が出て、互いにくっついて地図のようになることもあります。
この期間を発疹期といいます。

 

 

それが過ぎると回復期に入ります。だんだん熱が下がり、
くしゃみやせきなども軽減していきます。発疹は色素沈着がしばらく残りますが、
やがて細く皮がむけます。大体1週間もたてば全快します。

 

 

風疹の合併症には中耳炎、脳炎、肺炎などがあります。
特に脳炎や肺炎は命に係わることがあるため、症状が出たらすぐに医療機関にかかる必要があります。

 

 

原因
ウイルスの感染が原因です。くしゃみやせきなどから感染します。
学校や幼稚園での感染を防ぐため、完全に症状が消えた後もしばらくは登校(園)してはいけません。

 

 

治療
特別な治療はありませんが、二次的な細菌感染を防ぐために抗生物質を使います。
また、症状を緩和する方法として、端を出しやすくする・鼻水を止める薬などを使います。

 

 

ワクチン
はしかはワクチン接種でほぼ防ぐことが出来ます。
1歳になったら麻しん風しん混合ワクチンを受けるようにしてください。
ワクチンは弱毒性のものですので、場合によっては摂取から1週間後ぐらいに発熱などの症状が現れることがあります。

 

 

ワクチンは定期接種のため、定期接種期間内ならば無料となります。

 

 

大人のはしか
大人でもはしかにかかることがあります。
大人の場合は子供と比べると症状が重症化しやすいため危険です。
かつては子供の時期にはしかにかかり、その後一生抗体を保有するのが当たり前でしたが、
最近はワクチンの接種率の上昇に伴い、抗体を持たない人が増えてきました。

 

 

ワクチン接種だけでははしかを完全に防ぐことはできません。
また、そもそもワクチン接種を行っていない人もいます。
そうした人は今すぐ医療機関でワクチンの接種をすることをお勧めします。

 

 

特に妊婦の場合ははしかが原因で流産や早産となることがありますので、
必ずワクチン接種を行いましょう。ただし、現在すでに妊娠している場合はワクチン接種ができません。妊娠する前に行っておきましょう。

 

 

費用は8000円前後ですが、自治体の支援により割引・無料となっていることもあります。

 

 

過去に予防接種を受けたかどうかが分からない方は、血液検査を受ければわかります。
大人になってからワクチンを接種した場合は、それから3カ月は妊娠しないように性交渉を避ける必要があります。


スポンサードリンク

コメントを残す