スポンサードリンク

低体重出生児の障害リスク。正期産でも油断は禁物


低体重出生児とは簡単に言えば「未熟児」のことです(厳密には違いますが、大体同じものと思ってもらってOKです)。

スポンサードリンク


以前は未熟児の定義は「出生時の体重が2500g以下」の子供と定められていました。

 

 

しかし、体重が2500gを超えていても体に何らかの器質的な問題がある子供が少なくない反面、
2500g未満でも何の問題もなく育つ子供も多かったことから、
体重だけで未熟児か否かを判断するのはおかしいということになり、
現在は体重、在胎期間、体重と在胎期間の比率などから総合的に判断して未熟な子供を未熟児と呼ぶようになりました。
ただし、未熟児という言葉自体は正式な医学用語ではありません。

 

 

さて、低出生体重児とは、生まれた時の体重が2500g以下のこどもを指します。
このうち、生まれた時の体重が1500g未満の子供を極低出生体重児といい、
1000g未満のこどもを、超低出生体重児といいます。
体重が少なくなるにつれて、体の機能が未成熟である可能性は高まっていきます。

 

 

原因

一番の大きな原因は早産です。満40週の在胎期間より短い、37週以前での分娩を早産といいます。
簡単いえば妊娠期間が短いと胎内で十分に成長することが出来ず、
未熟な状態で生まれてくる可能性が高まるわけです。

 

 

早産の原因は妊婦中毒症、梅毒、胎盤剥離など。
妊娠中の生活態度(喫煙、過労など)や妊婦の年齢が早産につながることもあります
また、特に原因が思い浮かばなくても早産となるケースもあります。

 

 

その他、母親の体型も影響を与えます。
BMI値(体重を身長の2乗で割ったもの。たとえば、身長165㎝、体重60㎏の場合、60÷(1.65)^2=22.03)が19.5を下回る痩せ型の女性は、低体重出生児を生みやすいというデータがあります。

 

 

また、子宮内での発育遅れが原因となることもあります。

 

 

症状

健康な新生児と比べて哺乳力がよわい、呼吸障害、低体温、貧血、横断など様々な合併症が起きます。
また、体が頭に比べて貧弱であることが多く、特に手足は細くなりがちです。
泣き声も弱く、手足の筋力も低いです。

 

 

治療

症状によって治療方法は様々です。
早産でも35週以降に生まれた場合では比較的症状が軽い、
もしくは全くないケースも目立ちます。
このような場合は特別な処置をする必要は必ずしもありません。

 

 

極端な早産や低体重児は、出生後に保育器に収容する必要があります。
保育器の中では栄養がチューブで送られます。
また、酸素や点滴なども行われます。

 

 

保育器の中で十分に成長し、体重2000g程度にまで成長すれば保育器から出ることができます。

 

 

低体重出生児の増加原因

低体重児出生児は1990年には全体の6.3%であったのに対して、2004年には9.4%にまで増加しています。
原因はおそらく女性が過度な痩せ型体系への憧れをもつようになり、
無理なダイエットをする人が増えたためだと思われます。

 

 

また、高齢出産に挑む人が増えたのも原因の一部と言えるでしょう。

 

 

支援など

市町村によっては低体重出生時に対する支援を行っています。
たとえば、三重県名張市、栃木県宇都宮市、徳島県徳島市など多くの自治体では、
低体重児出生届を提出することにより、保健師の訪問などの支援を受けることが出来ます。

 

 

成長後は

発育は1年以内に追いつくこともあれば、学童期を通じてずっと小柄であるケースもあります。
退院後も定期的なチェックが必要です。

 

 

大人になれば人並み以上の体格になることもありますが、
低体重児は高血糖や高脂血症になりやすいというデータもあります。

 

 

心構え

妊娠中の無理なダイエットや高齢出産には危険が付きまといます。
できる範囲でなるべくリスクの少ない時期に出産するようにしてください。


スポンサードリンク

コメントを残す