スポンサードリンク

ダウン症の胎児の特徴は。小指と目手口のエコー画像検査でわかること


ダウン症の出生前診断の是非が議論になっています。
日本産婦人科医会の全国調査によれば、高齢出産が一般的になったことにともなって、ダウン症児の数は15年で約2倍に増えているそうです。

スポンサードリンク

かつては羊水検査という、おなかから子宮に注射器を指して羊水を吸い、それを調べる検査が一般的だったのですが、
この検査は母体にかかる負担が多く、流産の危険性があること、
分析結果を得るまでに3週間以上かかるということなど、
デメリットが多く、あまり使われえていませんでした。

 

 

そこで新たに生み出されたのが出生前診断です。
出生前診断の特徴は採血だけで済むこと。
母体への負担が大幅に減り、流産のリスクが激減します。

 

 

また、出生前診断は結果が出るまでが早く、
妊娠10週目から22週目までと比較的検査期間が長いのも特徴です。

 

 

その一方で出生前診断にはデメリットもあります。
一番のデメリットは確実性の低さ。
非常に精度の高い羊水検査と比べると出世前診断はまだまだ精度が低く、参考程度にしかなりません。

 

 

ダウン症の疑いがあり、なおかつ正確なことが知りたいのならば、
結局はリスクを承知で羊水検査を行わなくてはなりません。

また、出生前診断でダウン症ではないと診断されても、
100%ダウン症でない子供が生まれてくる保証はどこにもありません。あくまでも確率の大小の問題です。

 

 

また、エコー診断がダウン症の検査に使われることもあります。
首のところの浮腫が大きかったり(大きさが3mmを大きく超えるとダウン症の可能性も高まります)、足が通常より短かったり、手を閉じっぱなしだったりする場合は、ダウン症の疑いが高まります。

 

ダウン症関連記事一覧

ダウン症の胎児の特徴は?顔写真付き
エコー検査でわかることとわからないこと
染色体異常症とダウン症の密接な関係とは?
ダウン症検査に重くのしかかる費用
母親の年齢が上がるとダウン症になる確率も上がる!
何でダウン症児は皆同じ顔をしてるの?
ダウン症児引き取りを拒否する両親と代理母の葛藤
ダウン症児、貴方は愛せますか?
熊田曜子の子供はダウン症?
木村拓哉の子供はダウン症?
松嶋尚美の子供はダウン症?

 

ただし、エコー診断はあくまでも参考程度の検査であり、エコー診断の結果のみでダウン症であるか否かの判断が行われることはまずありません。

 

 

ただし、エコー診断で異常が見られる場合には、病院の方から検査を薦められるかもしれません。

 

 

また、ダウン症の子供は小指が一つ欠損していることがありますが、これはエコー検査では十分に確認することが出来ません。繰り返しになりますが、100%の診断がほしいならば羊水検査をする以外にはないのです。

 

 

ただし前述の通り、羊水検査にもリスクがあります。
羊水検査で流産を引き起こす可能性は約1600分の1(0.06%)といわれています。

 

 

要するに羊水検査をするにしろ、
しないにしろどちらにせよ何らかのリスクが付きまというということです。

 

 

ダウン症のリスクを大きく見るか、それとも流産の危険性を大きく見るか。このあたりの考え方は人によって異なると思います。

 

 

どちらを選ぶかは私ではなく子供を産む本人が決めることなのでどっちを選べとは言いませんが、
どちらを選ぶにせよ医師とよく相談したうえで、
最悪の事態がおこることも想定しておくことが大事です。


スポンサードリンク

コメントを残す