スポンサードリンク

矢沢心の不妊原因と病院は。本も出している


女優・タレントで元格闘家・魔裟斗さんの妻である矢沢心さん(33)が、第二子妊娠を発表しました。
第一子が誕生したのは2012年のことでしたが、それまでには幾多の困難があったそうです。

スポンサードリンク

矢沢さんは若いころから生理不順が続いており、25歳で魔裟斗さんと結婚した後も不妊治療を続けていました。

 

 

矢沢さんが受けた治療は多のう胞性卵巣症候群の治療です。

 

 

多のう胞性卵巣症候群とは、排卵が十分に行われず卵巣に多数の卵胞がたまりすぎて、
月経不順が起こる病気です。

 

 

女性全体の6~8%がかかるメジャーな病気であり、
主な症状に月経不順、不正出血、毛深くなるなどが挙げられます。

 

 

なぜ排卵がうまくいかないのかといいますと、
卵巣内に男性ホルモンが多すぎるからです。
毛深くなるのも男性ホルモンが働いているからです。

 

 

脳下垂体からはLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)が出ていますが、
このうちLHが増えると排卵がうまくいかなくなります。

 

 

また、インシュリンとの関係性も示唆されています。
インシュリンは血液中のブドウ糖を少なくする機能を持ち、
血糖値の数値を下げるために必要不可欠なものですが、
インシュリンの量が増加しすぎると、
男性ホルモンが増加すると考えられています。

 

 

治療方法は確立されていませんが、メジャーな治療法は排卵誘発剤を使い、
人工的に排卵を促すというものです。
薬ですぐに排卵ができるようになることもあれば、
それだけではうまくいかないこともあります。

 

芸能人と病気関連の記事
木村拓哉の子供はダウン症?
長州小力が糖尿病で透析間近か
水前寺清子の脊椎管狭窄症とは
桂歌丸の帯状疱疹とは
本田圭佑のバセドウ病とは
柿谷曜一郎とアトピーの関係
山田優が不妊治療をしていた病院は
矢沢心が不妊治療に成功?
やしきたかじんのかかった食道がんの怖さ
さまぁ~ず三村もかかった怖~い痛風の症状
渡辺徹の糖尿病が悪化か
米良美一の先天性骨形成不全症はどのような病気か
安倍首相も患った潰瘍性大腸炎のリスク
めざましテレビ大塚さんの白血病はどうなったの?
ナイナイ岡村が鬱になった理由と相方矢部の対応
川島なお美が余命先刻か
黒柳徹子の発達障害はどのような病気か
絢香のバセドウ病はどうなったのか
星野仙一の難病気胸椎黄色靱帯骨化症とは
高木美保がパニック障害を独力で克服
熊田曜子の子供はダウン症か

 

 

また、排卵誘発剤には卵巣過剰刺激症候群という副作用があります。
多数の卵胞が大きく育って卵巣が腫大し、重症の場合は腹痛や腹水貯水が現れることもあります。

 

 

予防は排卵誘発剤を使用しなければいいのですが、
不妊治療で投与が必要な場合には、投与中の管理が大事になります。

 

 

また、糖尿病の治療に使うメトフォルミンという薬は排卵を促すことがわかっています。
過剰なインスリンの分泌が抑えられるため、結果として排卵しやすくなります。
通常は数カ月で効果が出ます。

 

 

排卵障害の根本的な原因はわかっていませんが、
年齢とともに排卵障害が強くなることは間違いありません。
既に現在高齢でなおかつ出産を望んでいる場合は、
無理をせず体外受精も選択肢に入れる他方が良いでしょう。

 

 

また、矢沢さんの場合は夫の魔裟斗さんの力添えがあったことも大きいです。
旦那さんから理解を得るのは簡単なことではありませんが、粘り強く説得して、協力を取り付けるようにしましょう。

 

 

ちなみに、矢沢さんは「ベビ待ちゴコロの支え方」という本を出版しています。現在もAMAZONや楽天で購入することが出来ますので、現在不妊治療中で気になる方は一度目を通しておきましょう。

 

 

併せて読みたい女性が気をつけたい病気

子宮内膜症の検査費用
不妊症に臨むにあたって抑えておくべきこと
月経前症候群と更年期障害の関係性
腹痛は流産の前兆?


スポンサードリンク

コメントを残す