スポンサードリンク

月経前症候群と妊娠初期の違いは?市販薬のツボと更年期障害


月経がはじまる一週間程度前から起こる身体的・精神的な不調を月経前症候群といいます。

スポンサードリンク

月経は毎月1回程度やってくるものですから、当然症状も毎月1回現れることになります。
人によってはかなり重い症状が出ることもありますので、早目の対処が必要です。

 

 

症状
月経前症候群の主な症状は身体的症状精神的症状に分けられます。
身体的症状は頭痛、乳房の張り、頭痛、食欲不振などです。
精神的な症状はイライラ、焦燥感、憂鬱、集中力の低下などです。これらはほんの一例であり、実際にはもっと多数の症状がみられることもあります。

 

 

 

月経前症候群は月経がはじまる1週間程度前から始まり(人によって個人差があります)、月経がはじまると軽減・焼失します。しかしそれからまた1か月たつと再び症状が現れ、月経がはじまると消え、のサイクルを繰り返します。

 

 

原因
月経前症候群の原因には様々な説があるものの、はっきりした事実は分かりません。
有力なのは女性ホルモンが関係しているという説です。

 

 

排卵前後には黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが大きく変わるため、これが原因ではないかといわれています。また、更年期障害と月経前症候群には関係があるという説もあります。

 

 

治療
症状が軽い場合には特に治療は必要ありません。趣味などの好きなことや仕事に熱中したり、軽い運動などで気分転換を図ったりして、規則正しい生活を送れば、たいていの場合は乗り越えることが出来ます。

 

 

ただし、中にはこうしたことでは乗り切れないくらいの強い症状が出る方もいます。そうした場合には病院での治療が必要になります。

 

 

精神的な症状に対しては選択的セロトニン受容体阻害薬(SSRI)や抗うつ薬などを使います。身体的な症状(体の痛みなど)に対しては鎮痛薬を使うなど、症状に応じた対処療法を行います。

 

市販薬の服用もダメではありませんが、市販薬は処方薬ほど強くないため、
効果が十分に表れにくいです。市販薬で効果がなかった場合は、必ず医師の診断を受けましょう。

ツボ押しも効果があるといわれています。詳しくはこちらのサイトを参考になさってください。

 

月経前症候群とお灸
月経前症候群に刃お灸が有効であるといわれています。
鍼灸院で相談すれば、適切な治療を施してくれます。

 

 

ただし、保険診療は認められていないため、
基本的に治療費は全額自己負担となります。

 

 

自己負担が難しいという場合には、自分でお灸をするという方法もあります。
かかりつけの薬局などがあれば、そこでもぐさを購入するのが一番いいでしょう。

 

 

月経前症候群と妊娠初期の違い
妊娠初期にも月経前症候群と似たような症状が出ることがあります。

 

 

妊娠初期の場合には月経前症候群と似た症状のほかに、つわりがあることが特徴です。その他、生理が遅れたり、頻尿になったりすることもあります。

 

 

区別がつかないという場合には、毎日の体温を測るようにするといいでしょう。基礎体温の高温期が3週間以上続くようならば、妊娠の可能性が高いので、一度医師に診てもらいましょう。

 

 

 

併せて読みたい女性が気をつけたい病気

子宮内膜症の検査費用
不妊症に臨むにあたって抑えておくべきこと
月経前症候群と更年期障害の関係性
腹痛は流産の前兆?

 

心構え
月経前症候群は、軽いものならば心の持ちようでもなんとかなる病気です。なるべく気にせず、没頭できることを探すようにしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す