スポンサードリンク

更年期障害の症状は?女性はもちろん男性も注意、若年性の治療もチェック


特定の病気ではない不定愁訴を総称して、更年期障害といいます。
中年期を過ぎた女性にみられる病気ですが、男性も無縁なわけではありません。

スポンサードリンク

更年期とは一般的には、卵巣の機能が低下し、完全に閉止するまでの期間を言います。
年齢でいうと45歳~55歳ぐらいです。日本人の閉経は50歳前後に起こることが多いです。

 

 

更年期に突入すると、女性ホルモンが減ります。
女性ホルモンが減ると自律神経が不安定になり、自律神経失調症が起こりやすくなります。

 

 

また、更年期には子供の自立、親の介護などの生活環境の変化が重なる時期でもあり、
またさまざまなシチュエーション下で老いを実感することになります。

 

 

これらの問題は心理的な負担となり、心身的な不調を引き起こします。
このように明確に病気ではないものの、心身的な不調が起こることを更年期障害といいます。

 

 

更年期は中年以降の女性ならば誰もが通る道ですが、
その症状は千差万別です。生活に支障が出るほどの症状が出る人もいれば、
ほとんど、あるいはまったく症状を感じない人もいます。

 

 

性格的な要因、体質的な要因、環境による要因などが複雑にまじりあい、
症状の軽重が決まります。

 

 

症状
更年期障害の症状は多彩ですが、特に多いのはのぼせ、発汗などです。
これらの症状をまとめて「ホットフラッシュ」といいます。
その他、動悸、肩こり、情緒不安定や意欲低下など、
精神・肉体の両方に症状が出ます。

 

 

原因
女性ホルモンの分泌現象が原因です。
女性ホルモンの中でも代表的な。エストロゲンの分泌量は、18~40歳ぐらいの間が最も多く、
その後だんだん減り始め、閉経の直前に急激に減ります。

 

 

閉経の時期は様々で、早い人では30代後半、遅い人では50代後半にずれ込むこともあります。閉経もいきなり月経が来なくなる人もいれば、徐々に間隔が長くなりやがて消える人もいます。

 

 

診断
更年期障害であることを診断するためには、
まず更年期に入っていることと、
その症状にほかの原因がないことを確認します。

 

 

更年期であることは、年齢や月経の状態から診断します。
症状については専門医で診断を受けます。
たとえば、更年期障害の症状の一つに消化器系の症状があります。

 

 

このような症状が出た場合は、更年期障害によるものなのか、
それとも胃や腸の病気であるのかを確認するため、
消化器科にかかるといいでしょう。

 

 

更年期障害にかかるような年齢になったら、
年に1回程度人間ドッグを受けるのもおすすめです。

 

 

治療
精神療法と薬物療法がメインです。
薬物療法では、ホルモン補充薬、自律神経調整薬などを使います。
特にホルモン補充療法は有効です。
ただし、ホルモン補充療法は単独で使うと子宮がんなどの可能性が高まるため、
黄体ホルモンを併用するなど、注意が必要です。

 

 

抑うつ状態が強い時には精神療法を用います。
場合によっては精神科での診療が必要になることもあります。

 

 

男性の更年期障害
場合によっては男性でも更年期障害になることがあります。
男性更年期障害は概ね40歳以降に発症し、60代、70代でも発症することがあります。

 

 

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量低下が原因で、
主な症状は身体症状・精神症状・性機能関連症状です。

 

 

性機能関連症状とはEDや性欲の低下などが含まれます。

 

 

治療に当たってはまずは病院に行く必要があるのですが、
男性の場合は何かにかかればいいのかわからないこともあると思います。
身体症状がある場合はそこを見る科に、
精神症状がある場合には心療内科や精神科に行くのが一般的です。

 

特に男性の場合は性欲の減退が夫婦生活にひびを入れることもあります。手遅れになる前に、医療機関を受診しましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す