スポンサードリンク

思春期の女性の生理異常について


女性のライフサイクルはおおむね小児期、思春期、成熟期、老年期、更年期の5つに分けることができます。その中でも思春期は特に体に起こる変化が多く、小児期と成熟期の橋渡しをする大切な時期と考えられています。思春期とは国際的な定義では「身体的には乳房発達、陰毛発生などの二次性徴の出現から性成熟(二次性徴が完成し、月経周期がほぼ順調となる)までの段階であり、精神的には子どもから大人に向かっての自我の発達の時期ならびに自己認識パターンの確立段階、さらに社会的には性的欲望が出現し、両親への依存状態から完全自立するまでの過渡期」とされています。

 

 

身体の発達の進み方は個人差もあるので厳密に何歳から何歳までとは言えませんが、日本人の場合は8~9歳から17~18歳ぐらいまでが相当するといわれています。性成熟については、乳房発達は10歳ころ、陰毛の発生は11歳ころ、初経(しょけい)は12歳ころというのが最近の日本人女性の平均です。

 

 

思春期は肉体的にも精神的にも大きく変化する年齢であり、また経済的に自立するための能力を身につける時期でもあります。急激な変化に戸惑いながらも成長していく人々に提供すべき医療は、大人に対するそれとはまた違うものです。

 

 

さて、思春期は女性にとって肉体的な変化が最も大きい時期ですが、その中でも特に多く見られるのが性成熟の異常、特に月経異常に関するものです。

 

 

一般的なペースよりも早く思春期が来る症状を、思春期早発症といいます。7歳未満までに乳房の発達、陰毛の発生、処刑などが見られた場合は思春期早発症であると判断されます。思春期早発症で問題になることはいろいろあります。

 

 

早期に体が完成してしまうため、身長が伸びずに終わってしまうことが多いというのが一番の問題です。また、人よりも極端に早く思春期を迎えることによって本人の心理に戸惑いが生まれることもままあります。場合によっては治療が必要になります。思春期のペースを遅らせることにより、身長が伸びる期間を長くして極端に小柄になることを防ぐとともに心理的な負担を軽減します。

 

 

なお、ごくまれなケースではありますが、脳腫瘍が原因で思春期早発症が発生することもあります。脳腫瘍は生死にかかわる病気なので、早期発見、早期治療が重要になります。一方。思春期の成熟がゆっくりで、治療をしなくても成人身長が低身長にならないタイプもあります。なんにせよ詳しいことは検査しなければわかりません。

 

 

原発性無月経は、18歳になっても処刑がやってこない症状です。前述の通り、日本人の女性の場合は大体12歳ごろに処刑を迎えることが多く、実に98%の人が14歳までに処刑を経験するといわれています。原発性無月経の原因で特徴的なのは染色体異常や性分化異常などです。原因はいろいろありますが、中でも有名なのがターナー症候群です。ターナー症候群とはX染色体が1つ少ない染色体異常の一つです。2500人に1人程度に見られる症状であり、低身長、難聴などの症状を伴うことがあります。

 

 

また、副腎性器症候群も比較的よくみられます。副腎とは腎臓の横にあるホルモンを作り出すための臓器です。ホルモンを合成するための酵素に何らかの異常があると、明日テロ減というホルモンが過剰に生産されて女性の身体が男性化することがあります。この場合、陰核がペニスのように大きく拡大することがあります。

 

 

原発性無月経は治療で治ることもありますが、治らないものも少なくありません。日本をはじめとする栄養状態が良好な国では処刑が早い時期に来ることが多いいので、16歳になっても処刑が来ない場合は念のため産婦人科を受診したほうがいいでしょう。

 

 

治療は原因に準じて行います。ターナー症候群が見られる場合は、カウフマン療法という足りないホルモンを注入する治療を行います。治療により自然排卵が期待できます。

 

 

続発性無月経は、処刑は来たもののその後何らかの原因で月経が3か月以上停まってしまう症状のことです。産婦人科を訪れる思春期女性に特によく見られる症状ですが、月経が来ないからと言って必ず異常があるわけではありません。特に初経が来た直後は月経周期が不安定であることが多いです。月経周期が確立されるまでには通常、初経から3年くらいかかるといわれています。この期間に該当し、なおかつ特に体に機能障害の原因がなく、性交渉もない人の場合は、6か月ぐらいまでは様子を見ていいとされています。

 

 

続発性無月経の原因としてはストレス、ダイエット、精神的要因による摂食障害などが上げられます。原因は多種多様なので、それぞれ原因別の指導、あるいは治療が必要です。もちろん、性交渉がある場合は妊娠を疑う必要があります。

 

 

また、初経から月経周期が安定するまでは、続発性無月経のみならず様々な原因で月経異常や不正出血が起こることがあります。こうした現象は珍しいことではなく、出血が少量の場合は成長とともに警戒することが多いです。ただし、出血が多い、あるいは長期間続く場合は貧血が起きるのでそれに伴う治療が必要です。性交渉がある場合は流産なども否定できないので、産婦人科を受診しましょう。


スポンサードリンク
2015年12月29日 コメントは受け付けていません。 女性の病気