スポンサードリンク

乳腺炎になりかけの時の症状は。治し方はマッサージ、しこりが痛い時は要注意


授乳時に乳房に炎症が起きた経験がある方は少なくないと思います。この症状を乳腺炎といいます。

スポンサードリンク

乳腺炎の種類
乳腺炎は急性乳腺炎慢性乳腺炎に分けられます。
急性乳腺炎はさらにうっ滞性乳腺炎化膿性乳腺炎に分けられます。

 

 

急性うっ滞性乳腺炎
急性うっ滞性乳腺炎は、乳管がつまりうっ滞してしまう症状です。
乳腺の乳頭への開口部は数カ所ありますので、
完全に乳汁が出なくなるということはありませんが、
乳房全体が炎症を起こします

 

 

幹部に軽度の熱感が出ることがありますが、
全身が発熱することはありません。
乳房にしこりが出来て、推すと痛むこともあります。

 

 

特に出産後1週間~2週間後によくみられる症状です。
書残の場合は授乳に慣れていないことからうっ滞が起こりやすく、
場合によっては痛みをともなうことがあるので注意が必要です。

 

 

症状の解消にはマッサージが有効ですが、我流の方法でやるとかえって痛みが増すことにあります。
医師に相談の上行うようにしましょう。

 

 

しこりが引かない場合は、例湿布で炎症を抑えながら様子を見てください。氷を直接当てるような方法だと冷えすぎて乳管内の母乳の脂肪が凝固し、かえって症状がひどくなることがあるので、間接的に冷やすようにしてください。

 

 

それでも治らない場合は、抗菌薬などを使うこともあります。

 

 

急性化膿性乳腺炎
乳頭から入った細菌が原因で発症する炎症です。
うっ滞生乳声援の場合と異なり、
全身の発熱、悪寒、頭痛といったような風邪にも似た症状が出てきます。
乳房は激しい痛みを伴い、熱くなります。

 

 

症状が合われた場合、授乳は中止して抗生物質を服用します。
ただし、漫然と抗生物質を使い続けるのはよくありません。

 

 

また、膿瘍(膿の塊)が出来た際には、膿を排出するための石灰や穿刺が必要になります。的確な切開、排膿は非常に効果的です。

 

 

乳腺炎とマッサージ
乳腺炎の際にはマッサージが良いという話を聞いたことがある方は多いと思いますが、
何の考えもなしにただ揉んだり撫でたりしていても効果が望めないどころか、症状が悪化することすらあります。

 

 

特に、発熱中のマッサージは厳禁です。
発熱しているということはすでに炎症を起こしているということであり、ここに新たな刺激を加えると症状が悪化します。

 

 

このような場合には、乳房を氷嚢や例湿布などで冷やしましょう。また、赤ちゃんに授乳すると症状が軽くなることが多いです。

 

 

慢性乳腺炎
急性乳腺炎が完治しないと、膿が乳腺にたまり腫瘤となります。こうなると抗生物質だけでは不十分なので、腫瘤を切開し、膿を外に出さなくてはいけません。

 

 

心構え
乳腺炎であることが分かったら、すぐさま医者にかかりましょう。
感染症なので放置するのは大変危険です。


スポンサードリンク

コメントを残す