スポンサードリンク

脱水症状の症状で足がつる?子供と高齢者、幼児の対処法は。しびれや下痢の飲み物は


夏ですね。夏に気をつけたい病気は熱中症脳梗塞などたくさんありますが、
その中でも特に気をつけたい身近な病気が脱水症状です。

スポンサードリンク

脱水症状とは、大量の汗を書いたり、水分を取らなかったりすることにより、
体内の水分量が一定以下(成人では体重の約60%、小児では体重の約80%)になることを言います。

 

 

ただ、このいいかたは正確ではないとも言われています。もっと正確にいえば脱水症状は、
体の水分と同時に塩分も失われた状態のことです。

 

 

人間の体はある程度までなら尿量を増やしたり減らしたりすることで水分量を言って淫保つことが出来るのですが、その限度を超えてしまうと脱水・脱塩分が起こります。

 

 

脱水・脱塩分の主な原因は大きく分けて二つ。
水分・塩分の摂取量不足か、発汗や不感蒸泄(発汗以外の蒸発する水分)による水分・塩分の過剰消失です。

 

 

特に脱水症状を引き越しやすいのが子供と高齢者です。
子供は体重に占める水分の割合が大人よりも高いので、
ちょっと水分が不足するだけでも簡単に脱水症状を引き起こします。

 

 

特に吐き気や下痢を繰り返している場合は急速に体内の水分が失われているので、
早めに小児科を受診しましょう。

 

 

また、高齢者は自分の体が水分不足であるということに気が付きづらいため、
屋内でも比較的簡単に脱水症状になります。
脱水症状にならないための必要水分量は1500ml(1.5l)程度といわれています。
高齢者の方の中にはトイレに行く回数が増えることを嫌い、
水分摂取量を少なめにする方がいらっしゃるようですが、
それは大変危険です。トイレに行くか椅子が日に2,3日増えるのと、
脱水症状で担ぎ込まれるリスクどちらが大きいかは賢明な方ならわかるはずです。

 

 

脱水症状になると様々な症状が体に現れます。
特に多いのが足がつるという報告です。
炎天下でスポーツを視していると、突然足がつったという経験をされたことがある方は少なくないでしょう。

 

 

脱水状態になると筋肉と神経が興奮状態になりやすくなるので、
こまめな水分摂取を心がけましょう。また、場合によってはしびれが出ることもあります。
いずれにせよ適切な水分摂取を心がけることと、
それだけで症状が改善しない時は医師の診察を受けることが大切です。

 

 

なお、脱水症状の仲間に隠れ脱水があります。
隠れ脱水とは脱水症状の一歩手前の状態で、
症状は夏バテと似ています。隠れ脱水は室内や夜間の比較的涼しい時間帯にも起こるので、
エアコンが効いているからと言って油断せず、こまめな水分摂取を心がけましょう。


スポンサードリンク
2014年7月28日 コメントは受け付けていません。 夏の病気