スポンサードリンク

夏バテの症状である胃痛や眠い、倦怠感を改善する方法は。


夏もようやく峠を越した感がありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
この季節はいわゆる夏バテがどっと出てくる時期です。
夏バテはその原因と対策さえ知っておけばあまり怖いものではありません。
夏バテに関する正しい知識を学んで、健康に夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

夏バテの原因は?
日本の夏は高温多湿で、とっても不快です。
これだけ蒸し暑いと体調を崩すのはある意味当たり前のことです。
夏バテの主な原因はいくつかありますが、最も大きいのは体温調節の失敗です。

 

 

夏は暑いので汗を良くかきます。汗をかいている時には血管が膨張します。
しかし、湿度が高いと本来は汗が出るべき場面でも汗がなかなか出てきません。
そうなると体内に熱がこもることになり、体調を崩すようになります。

 

 

また、夏の暑さは自律神経を狂わせます。
暑い場所にいる→エアコンの効いた屋外に戻る→また暑い場所に出る
を繰り返すと、体が混乱してしまいます。

 

 

夏バテの症状は?
夏バテの症状もいろいろありますが、中でも代表的なものは全身の倦怠感でしょう。
特別どこかがいたいとかはないのですが、なんとなく何をするにも面倒。
こういう症状が出るのはごく当たり前のことであり、恐れるべきことでもありません。
ただし、この症状があまりにも長く続く場合には何か別の病気が隠れている可能性もありますので、念のため病院を受診したほうがいいでしょう。

 

 

胃痛や食欲不振も良くある症状の一つです。
夏の暑さで自律神経が狂うと消化機能が低下し、
食欲不振・胃痛につながります。
食欲不振は倦怠感を増幅させ、ますます人を無気力にする効果があります。

 

 

頻度は高くないですが、眠気が現れることもあります。
夏バテになると夜中に質のいい睡眠がとれなくなり、
その反動で昼間眠くなります。

 

 

夏バテの解消法
夏バテの解消は難しいものではありません。
日常生活を少し気をつけて送るだけで、改善が可能です。

 

 

まずは睡眠について。夜中寝るときは無理せずエアコンをつけましょう。
理想はタイマー機能を用いて途中でエアコンを切ることですが、
それが難しい場合は温度を高めにして一晩中つけていても構いません。

 

 

食生活も重要です。暑くて食欲がないからと言って、
うどんやそば、そうめんばかり食べていると栄養失調に陥ります。
時々はスタミナのつくような食べ物、たとえば豚肉やレバー、青魚などを摂るようにしましょう。

 

 

また、あまり冷たいものばかり取らないことも大事です。
冷たいものは体を冷やし、汗を出にくくします。
そうなると熱が体内にこもりがちになり、
却って暑く感じるようになります。

 

 

暑い時こそ温かい食べ物を取り、思い切り汗を書くことも大事です。
ただし、熱中症の症状が出ている場合は冷たいもので体を冷やすことを優先させてください。


スポンサードリンク