スポンサードリンク

夏バテに人気の食事レシピは?栄養が付くスタミナ食でやせ防止


夏は食欲不振に陥りがちな季節です。
しかし、だからと言ってそばやうどんのような食べやすいものばかり食べていると、
栄養失調に陥ります。
夏だからこそこの暑さに負けないような頑丈な体を作るべきです。
麺類ばかり食べているという人も、時々は栄養豊富な食事をとるようにしましょう。

スポンサードリンク

まずは夏バテ対策の基本ルールです。
夏バテで食欲がないと感じたら、そこまで無理して食べる必要はありません。
ただし、食事を抜くのは感心できません
良質なたんぱく質が入った具だくさんのおかゆや味噌汁、
ミネラル成分が豊富に入った海藻類やレバーなどを摂るようにしましょう。

 

 

また、冷たいものはあまり摂り過ぎないほうがいいでしょう。
ある程度なら摂っても問題ありませんが、
取り過ぎると体が一時的に冷えて汗が出づらくなり、
却って体内に熱がこもるようになります。
特にねる前は冷たいものは控えて、早めに寝ましょう。

 

 

ビタミンB1の補給も大切です。
ビタミンB1は豚肉、たらこ、ハム、鶏肉、大豆や昆布などに含まれるもので、
糖質がエネルギーに代わるときに必要な補酵素の役割を果たします。
アリシン(ニンニク、玉ねぎ、ニラなど)と一緒に取ると吸収が良くなりよりいいでしょう。

 

 

さて、これらの基本ルールを踏まえたうえで、食事のレシピを考えてみましょう。

 

 

夏バテ対策レシピとして人気があるのが冷しゃぶです。
豚肉を茹でて冷まし、好みのタレでいただきます。
ニンニクやタマネギを薬味に添えると前述のビタミンB1の吸収が良くなり、より効果的です。

 

 

普通のタレでは濃厚すぎると感じる方は、梅肉や柚子胡椒など後味がさわやかなものを使ってみるといいでしょう。

 

 

食べる際は肉と野菜をバランス良く摂れば、より夏バテ対策になります。

 

 

肉類はちょっと……という方は、麺類でもOKですが、
たとえばうどんならば素うどんではなく、納豆やオクラを添えるなどすると、
夏バテ解消につながります。

 

 

食前酒も効果的です。食前酒とはその名の通り食前に飲むお酒です。
食前酒には血流を改善し、食欲を増進させる効果があります。
特に炭酸ガスを含むスパークリングワイン、ビールなどが適しています。

 

 

香辛料の入った食べ物もの効果的です。
香辛料にも食欲増進の効果があります。
カレーは夏バテ対策としてぴったりの食べ物です。
あついカレーはきつい、という方は最近人気の冷やしカレーうどんなどでもOK。
無理なくおいしいと思える範囲で、食べられるものを探していくことが大事です。

 

 

ただし、香辛料な慣れていない人にはきついものがあります。
ガラムマサラという香辛料は癖がなく食べやすいです。
カレーにかけてもいいですし、野菜や肉にかけてもマッチしますよ。


スポンサードリンク