スポンサードリンク

夏でも高血圧への警戒は必要!冷房のきかせ過ぎにご用心


血圧は基本的に冬は上がりやすく、夏は上がりにくい傾向があります。しかし、だからといって夏は高血圧へのケアが不要なのかというと、そんなことはありません。

むしろ夏場は心筋梗塞や脳卒中のリスクは比較的高い時期であり、普段から高血圧気味の人は特に気をつける必要があります。

スポンサードリンク

なぜ夏に心筋梗塞や脳卒中が起きるのか?

冬に血圧が上がりやすいのは、温かいところから寒いところへの移動を頻繁に行うためです。例えば、暖房のきいた部屋から寒いお風呂場に入ったときなどには、急に血圧が上がります。

それと同じで、暑い外から帰ってきて急に涼しい部屋に入ると、その温度差で血圧が上昇します。これが心筋梗塞や脳卒中などの原因となります。

また、夏場は汗をかきやすく体内の水分が減るため、血液の流れが悪くなりがちです。これも心筋梗塞や脳卒中の原因の一つと言えるでしょう。

夏場でも冷房の効かせ過ぎは控える

夏場の室温は、なるべく外気温との温度差が5度以内になるようにします。それよりも下げる場合は、段階を踏んで徐々に下げていったほうがいいでしょう。また、前日と比べて温度が5度以上高い、もしくは低い日は脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まるので、温度のコントロールをより慎重に行いましょう。睡眠中は無理のない範囲で冷房を弱くした方がいいでしょう。

水分補給は汗をかく前に

水分補給は汗をかく前に行うとより効果が高まります。摂取すべきものは水かお茶です。スポーツドリンクは少量ならばいいですが、大量に飲むと糖分・塩分のとりすぎに繋がる恐れがあります。

平均的な日本人はもともと塩分を取りすぎているため、そこまで塩分を意識して摂る必要はありません(高血圧の人は特に)。脱水症状が出ている場合は、経口補水液がベストです(もちろん病院に行くのも忘れないようにしましょう)。

アルコールには利尿作用があり、かえって体内の水分が失われるおそれがあるので水分補給には逆効果です。夏にお酒を飲む場合は、お酒と一緒に水もきっちり飲みましょう。

夏の脳卒中・心筋梗塞は睡眠中~起床後に起きやすいとされているため、寝る前と朝には必ず水分を取ってください。

運動は有酸素運動がおすすめ

運動はダイエットや血圧抑制の効果がありますが、激しい運動は短期的に血圧を上昇させる恐れがあります。ウォーキングや軽いランニング、ストレッチなど無理のない範囲で行うようにしましょう。。


スポンサードリンク
2017年6月6日 コメントは受け付けていません。 夏の病気