スポンサードリンク

プール熱の症状には大人も子供も要注意


プール熱と聞くと、プールで感染する病気というイメージが強いかもしれません。しかし、実際にはプール熱はプールよりもむしろ飛沫によって引き起こされることが多いため、プールに行かなければ防げるわけではありません。子供によく見られる病気もありますが、子供から親にうつることもあるため、大人であっても油断はできません。

スポンサードリンク

プール熱は、正確には「咽頭結膜熱」という病気です。プールを介して感染することが多いため、プール熱という呼び名がよく使われていますが、プール外で感染することも多いです。患者の6割が5歳以下の子供です。

 

 

原因

プール熱を引き起こすウイルスがアデノウイルスです・アデノウイルス自体は1年を通して見られるものですが、プール熱のピークは毎年7月~8月です。また、最近は冬にも小流行が見られることがあります。

 

 

症状

5日~7日の潜伏期間を経て、症状が現れます。何の前触れもなく39度以上の発熱が現れ、また喉が赤く腫れます。目の痛み、かゆみ、ヤニなどが現れることもあります。頻度はあまり高くないですが、下痢や腹痛などを引き起こすこともあります。熱は朝にはやや下がり、日中になるに連れて高くなる傾向があります。症状は3日~5日程度続きます。アデノウイルス7型が原因の場合、重篤な症状となることがあります。

 

 

検査と治療

病原ウイルスを特定するには、鼻汁や唾液、喀痰、糞便などからウイルスを分離するか、もしくはウイルス抗原を検出します。ウイルスを検出するキットは市販されています。

 

 

治療にあたっては特別に何かをする必要はなく、安静にしていればいずれ熱は引き、その他の症状も消えることがほとんどです。ただし、高熱やのどの痛みによって水分がとれない場合は脱水症状を起こす可能性があるため注意が必要です。

 

 

予防

感染症の一種ですから、患者との接触を避けることが何より大切です。また、周りに患者がいなくても、流行時には手洗いやうがいに励むなどしましょう。治ってから暫くの間は弁の中にウイルスがイますので、オムツ替えなどの後には必ず入念に手を洗うようにしましょう。子供の看病をしているうちに大人が感染してしまうこともあるので、気をつけてくださいね。

 

 

プール熱に感染したら

プール熱は学校保健法で第2種伝染病に指定されています。プール熱の症状がなくなってから2日立つまでは学校や幼稚園に行くことができないので気をつけましょう。


スポンサードリンク
2016年8月9日 コメントは受け付けていません。 夏の病気