スポンサードリンク

あさイチでも特集された夏の冷え症対策とは。症状を改善する靴やカイロは。


連日うだるような暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。夏に注意したい病気熱中症冷房病などが代表的なものですが、最近は夏にもかかわらず冷え性になる人が増えているようです。若い女性を中心に流行っているこの病気の原因と対策について考えてきましょう。

スポンサードリンク

暑がりの人間(私もその一人です)にとって夏に冷え性になる人間がいるとはにわかには信じがたいですが、実際に夏に冷えを感じる人は少なくないようです。

 

 

なんで外があんなに暑いのに冷えを感じるのかとも思いますが、
これにはきちんとした理由があります。

 

 

外気温が上がると、それにつられてわずかながら体温が上がります。
体温が上がると汗が出て、そこから老廃物が出ていきます。
しかし、冷房の効いた部屋に長くいると汗を書かなくなるため、
老廃物が体の中にたまりっぱなしになってしまいます。
この老廃物が血流を滞らせるため、冷えを感じるようになります。

 

 

主な症状はもちろん冷えですが、それ以外にもむくみ、めまい、だるさ、不眠などの諸症状が現れることがあります。このあたりは個人によって大きく差が出ます。
冷えというと女性の病気というイメージが強いですが、
男性でも冷え性になる人はなります。

 

 

症状が進むと夏のタオルケットの中でも冷えを感じるようになる人もいるそうです。

 

 

また、一般的なオフィスや電車は冷房が効きすぎて辛いと感じる方も少なくないようです。
正直、私は電車の中の冷房は今でも弱すぎると思っていますが、
中にはそう感じない人もいるみたいですね。信じられませんが。

 

 

自分が冷え性なのかわからないという方は、自分の体を直接触ってみてください。
下腹部や腰が冷たければ、それは自覚症状がなくとも体の芯まで冷えている証拠です。
冷えは放置すると慢性的な体調不良につながりかねませんので、今すぐ対策を摂りましょう。

 

夏に気をつける病気は夏の冷え性だけじゃない!
脱水症状からの熱中病は誰でもなる危険があります
食中毒に要注意、予防の三原則とは
意外と重症化しやすい「夏風邪」の秘密
冷房病の対策グッズを一挙紹介
心臓痙攣の恐怖

 

さて、ここからは大事な夏の冷え対策についてです。
職場などだとオフィスの環境を自分の都合で変えられないため、
我慢するしかないこともあるようですが、可能ならばカーディガンや毛布を使いましょう。カイロも効果的です。

 

 

また、血流を阻まないためにも、服は少し緩めのものを着るようにしましょう。
また、体質改善には適度な運動も効果的です。ストレッチ、柔軟体操、軽いウォーキングなどは血行を改善し、体全体を暖める効果があります。

 

 

ただし、炎天下での長時間の運動は危険ですので、
なるべく屋内でできる運動を選ぶようにしましょう。

 

 

また、食事で冷たいものばかり取るのは避けましょう。
時々は温かいものを取った方が、体調がよくなります。


スポンサードリンク
2014年7月20日 コメントは受け付けていません。 夏の病気