スポンサードリンク

日本の国民健康保険料は。免除のデメリットと条件、扶養の金額、子供は?


日本には国民皆保険制度という非常に便利な制度があります。
これは日本中のすべての人が、全額負担ではなく一部負担で医療を受けられる制度で、
国民は公的な医療保険制度に加入することが義務付けられています。

スポンサードリンク

 

 

公的な医療保険制度にはいわゆる社会保険国民健康保険があります。
社会保険は被雇用者(サラリーマン、公務員など)とその扶養家族が加入できる保険です。

 

 

これに対して国民健康保険は自営業者、退職者、無職者などが加入するものです。

 

 

国民健康保険には社会保険と以外、扶養という概念がありません。
社会保険では被雇用者という「個人」が、配偶者や子供と言った家族を「扶養」するのに対して、
国民健康保険は「世帯」が加入することになります。

 

 

 

 

国民健康保険には市町村が運営するタイプのものと、
国民健康保険組合の2種類があります。

 

 

市町村の国民健康保険に加入する場合は、地元の市区町村役所で手続を行います。
また、国民健康保険料は自治体によって異なります。
基本的にはお金のある自治体ほど国民健康保険料が安く、
お金がない自治体ほど高くなります。

 

医療とお金の記事
国民健康保険料について
介護保険制度について
日本の医療費について
医療費控除について
また、無職者や低所得者、年金生活者がなど多い市町村では高くなる傾向にあります。
保険料の計算は確定申告後に行われます。所得が多いほど健康保険料は高くなりますので、
所得を減らす(経費を増やす、黒字の際には大きな買い物をsる)ことが大切です。

 

 

同じ所得でも自治体によって倍近く差が付くこともありますので注意が必要です。

 

 

お住まいの市区町村の国民健康保険料があまりにも高すぎると思った場合は、
免除の申請することが出来ます。

 

 

所得が一定の水準に達していない場合や、
災害などの影響により急に所得が下がった場合は、
その状況に応じて何割か軽減を受けることが出来ます。
詳しくはお住まいの自治体のホームページをご確認ください。

 

 

また、国民健康保険組合に加入するという方法もあります。
国民健康保険組合は業種ごとに設定されている保険組合で、
個人事業主が加入の対象となります。

 

 

代表的な国民健康保険組合には「東京芸能人国民健康保険組合」や「全国建設工事業国民健康保険組合」があります。

 

 

一例として、全国建設工事業国民健康保険組合の加入条件は以下の通りです。

 

 

①:建設工事業に携わる個人事業主(一人親方)。
②:①と同一の世帯の75歳未満の人。

 

 

国民健康保険組合は一定以上の収入があれば、
自治体の国民健康保険に入るよりもはるかに保険料が安くて済みます。
これは自治体の国民健康には無職者や低所得者が多く、中所得者の負担が重くなるのに対して、
国民健康保険組合はある程度の所得がある有職者の集まりなので、一人当たりの負担が少なくなるのです。

 

保険料が高くて困っているという方は、組合への加入を検討するといいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す